10月28日 ベルトコンベアの重鎮式緊張装置についてです。


非常に特殊な分野の話ではあるが。
チェーンメーカーのトップメーカーである椿本チエインが
プラスチック製チェーンのトップメーカーである山久チェインを何と子会社化したのである。

椿本チエインといえばRSブランドで知られるチェーンでは世界に誇る国内トップメーカーだ。

(他に、関係ない話としてある新聞社から電話の取材があった。)




-------------

昨日はネジ式緊張装置について書きました。
緊張装置を大きく分けてネジ式そして今回説明するおもり式重鎮式緊張装置があります。

この重鎮式緊張装置とは、コンベアベルトの戻り側リターン側にその緊張装置にために
プーリーを追加しそのプーリーにおもりを掛けそれによりコンベアベルトの張りを
調整する緊張装置です。
他にはテールプーリー(最終端のプーリー)へおもりを掛ける場合があります。

この重鎮式緊張装置は、ネジ式と違いベルトの伸びに対しておもりの一定の力で
常にコンベアベルトを張った状態にできる特徴があります。
ネジ式の場合ベルトの伸びに対して必ず手動での調整が必要です。

しかし、重鎮式緊張装置はコンベアベルトに対して適度な重量である必要があります。
おもりが軽いとベルトが滑って進まない。
逆に、おもりが重過ぎるとベルトの滑りはありませんがベルトに対する引っ張りの力が
大きすぎベルトの寿命を短縮する事になります。

確かに、ベルトコンベアの機長が長い場合、よくこの重鎮式緊張装置が用いられています。
実際はこの錘式は、ベルトが伸びるに従ってベルトが蛇行しやすい傾向にあるようです。

ベルトが蛇行することにより、ベルトでフレームが切れたり、ベルトの端が切れたりトラブルが起きやすくなります。

吊り下げた錘の周辺の軸受けの位置の調整で、何とか蛇行を調整しようとするのですが、
ある程度ベルトが伸びると非常に難しいのが現状です。

従来、コンベアベルトの中の帆布の伸びが激しくベルトの伸びも大きかったのですが、
品質がかなり改善され、伸びがより少なくなっています。

弊社では、緊張装置は可能な限りネジ式を採用し、より伸びの少ないベルトを選定しています。

しかし、現状錘式でベルトが蛇行しお困りの場合は、ベルトを少し縮めるも一つの方法です。



何とか本日発行しました。!!

コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」


各種コンベア・コンベヤ・産業機械、機器に関する事お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせについてはこちらをクリックされて下さい。




----------------

本日の我らが職人の様子です。
相変わらず本日も残業です。
九州福岡博多の町も朝晩は涼しくなりました。
過ごしやすく、仕事もやりやすいのは確かです。

しかし、毎日の残業そしてろくに休日も取れない状況が続いています。
納期に追われる毎日です。
只今製作中のステンレスベルトコンベア式乾燥機。
次の物件そしてその次の物件まで口を大きく開け待ちかねています。

その他にも口頭受注の物件もあるのですが、見積を提出すると、仕事を進めなくては
ならないためわざわざ未提出にしている物件もあります。

そして、来週、花の都東京よりわざわざ新規に来訪されるお客様もいらっしゃいます。
たいへん有り難いことです。

しかし、明後日の日曜日は何とか休日を取ろうかと密かに考えています。
それには只今参上頂いている花の都東京の担当の方との相談が必要です。

さて、我が社の運命はいかに。!!


我らが職人は本日も愛と魂を込め力の限り物作りに励んでいます。

c0056840_19114034.jpg

c0056840_19114999.jpg

c0056840_19115892.jpg

c0056840_1912591.jpg

c0056840_19121566.jpg

c0056840_19122468.jpg

c0056840_19123615.jpg

c0056840_19124351.jpg

c0056840_19125042.jpg

c0056840_191337.jpg

c0056840_19131095.jpg

c0056840_19131994.jpg

c0056840_19141234.jpg



---------------




話を元に戻そう。

チェーンメーカーのトップメーカーである椿本チエインが
プラスチック製チェーンのトップメーカーである山久チェインを何と子会社化したと
本日の朝刊に掲載されていた。
実はこの両社プラスチックチェーンでは競い合っていた会社同士だ。

山久チェインは金属製のチェーンの今後の需要の落ち込みをいち早く把握し
そして全社的にプラスチックチェーンの製作販売を推し進めた。

その成果が実り、プラスチックチェーンでは国内NO.1のシェアを持つメーカーへと
育った。

それを追いかけていたのが、チェーントップメーカーである椿本チェーンだ。
そのライバル同士であった会社が。
椿本チエインが山久チェーンを子会社化とは。

シェアで言えば国内山久チェーン41%そして椿本チエイン33%。
国内市場殆どこの2社が占めていた事になる。

我が社はこの両社とも取引がある。

何が目的だろう。

しかし、このプラスチックチェーンは今後の需要の伸びは十分に予想できる。
特にこのモジュラーベルトといわれるプラスチック製のベルトは今後販売拡大されるのは
私も間違いないと思っている。

実は我が社にもこのモジュラーベルトコンベアの引き合いは活発だ。




もう一点。

(他に、関係ない話としてある新聞社から電話の取材があった。)

これについて。
実はこの新聞社は製造業のブログについて目をつけたらしい。
そして来週に我が社に来訪の上取材をしたいとの要請を電話で受けた。
実は私断った。
それは多忙なため。
取材を受ける時間があるなら、その時間を仕事に回したいとの判断からだ。

そのため簡単な電話取材となった。
ほんの僅かな時間であった。
多分新聞には掲載されないであろうからご心配なく。

この新聞社の取材で私のへな猪口ブログとリンク貼って頂いている物作りブロガーの
方々を紹介しときました。

もし時間に余裕があり、その新聞社から取材要請があった場合は宜しくですばい。
しかし、連絡はないかも知れませんね。



さあ。明日は現場工事。そして現地寸法測定。
又、肉体労働。
へな猪口な私はなんて幸せ者なのだろう。
明日も仕事が待ち受けている。

しかし、まだまだ本日も仕事は続くのであった。ニタニタ~!!


それでは又です。

本日読破。
「相対性理論を楽しむ本」佐藤勝彦監修

「等価原理」「時空のゆがみ」「時間の遅れ」「双子のパラドックス」
アインシュタインの理論が平易に書かれている。
あまり詳しくは突っ込まないで表面上をさらったような解説だ。
そして相対性理論が宇宙論への発展の経緯そしてその内容。

あのアインシュタインが不覚であったと語ったといわれる「宇宙項」が
最近復活を遂げつつある内容が書かれてあった。

やはりアインシュタインは天才だったのだろう。

次の本
「相対性理論の世界」ジェームズ・A・コールマン著、中村誠太郎訳





  ホームページ「研森.COM」
  
  本日何とか発行しました。
  メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

  

 本当に皆様有難う御座います。
 プラスチックチェーンブログあるかな?
 人気blogランキング

  
 
 多忙ななか、メルマガ発行してみた。
 久しぶりの発行だ。時間が予想以上にかかった。
 そのしわ寄せは本業へと行く。もちろん覚悟の上だ。
 
 この毎日月明かりでの遅くまでの仕事は一体いつまで続くのだろうか。
 しかし、これだけ仕事ができるなんて。
 なんて恵まれているのだろう。
 有り難い。本当に感謝だ。
 
 しかし、よく体が持つな~。
 多分睡眠はしっかりと取っているからだろう。

 皆さんも睡眠だけはなるだけ取られたほうが良いようで。
 私の体が証明しています。な~ンチャって!!
  
 2005.10.28by 町工場の親父のスーパー息子

 研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
 福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
 担当:森山他誰でも
 コンベア、コンベヤ、選別機他産業機械機器全般。
 設計から製作、組立、据付及び修理、メンテナンスまで一環して行っている
 小さな町工場です。
 福岡空港そして博多駅の近くで交通の便は良いところです。
 いつもニタニタ笑顔でお待ちしてます。
 TEL092-411-1203
 FAX092-411-1259
 e-mail:info@kenmori.com
 スカイプID:supason(スカイプは日中接続目指しています。)
 
☆☆私たちの物作りで皆様の幸せ作りができれば幸いです。☆☆
[PR]
by moritoyamachan | 2005-10-28 20:07 | ベルトコンベア
<< 10月29日 ベルトコンベア緊... 10月27日 ベルトコンベアの... >>