3月9日 我らの愛と魂が込められたものづくりが本日旅立ちました~っ!!


今や世間の評判を独り占めしているLEONちょい悪親父。
そのカッコよいLEON親父に必要なものの一つにお髭がある。

私はお髭といえばあの何十年前かの大学応援団時代の団長の顔姿を思い浮かべて
しまう。
いつの間にか団員としてデビューを飾った地獄の一回生の際の団長が鼻の下にちょいと
お髭を生やしていた。
そのお髭がより一層凄みを利かせていたのは私の脳裏から永遠に消え去る事は
ないであろう。

しかしだ。ちょい悪LEON親父を目指すのであれば、もはやお髭は絶対必要条件だ。
最近の悩みの種がこのお髭に対する私なりの結論の導き出し方であった。

昨夜ひょいと我が嫁様に質問をしてみた。
「あんくさ~。LEON親父知っとうや~。」と。
さすが我が嫁様だ。それに対する答えはこうだ。
「なんな。それは。あんたはそのLIONではなく夜のネオンやろうもん。」

私の質問に対する素晴らしい我が嫁様の回答であった。

先ずLEONがいつの間にかLIONへ変身だ。
その上、既にLEONと夜のネオンとの関係をズバリと指摘したのだ。

私はつくづく思い知らされた。女性の勘の鋭さを。

我が嫁様は既に私が思い悩んでいたLEONと夜のネオンの関係に終止符を打ったのだ。
この嫁様の一言で私は結論が出た。
私は非常に嬉しい。そして気が晴れた。
いよいよLEONとお髭の関係の結論が出たのだ。

やはり夜のネオンにはお髭とLEONが必要だったのだ。

なんだ冒頭からこの内容は。こんなことではLEONへの道のりは
険しいではないか~っ!!





早急なる我らが職人の手直しの甲斐があって本日無事出荷できた。
今回は我らが職人以外にも、我が地域の皆の愛と魂がふんだんに込められた
製品だ。
今まで以上にものづくりへの愛と魂が込められた製品だ。

休みなし、深夜残業の成果がものづくりへの愛と魂へと変わりそしてそれが
製品へと変化する。

愛と魂こそがものづくりの根底にある。
それは出来上がった製品からその心が伝わってくる。

だからこそ、我らが職人の一人の口から自然と出たきた言葉があった。
「これらの製品の送別会をせないかんね。」と。
この言葉に我らが職人の誰もが頷く。
しかし、次の言葉は出てこない。

いや、つまり今回のものづくりに対する結論なのだろう。

逆に言えばそれだけ大変だったはずだ。
大変だったからこそそんな言葉がつい口から出たのであろう。

決して楽ではなかったはずだ。かなり苦しんだはずだ。
困難を乗り越えたからこそ味わえるもの。
それを本日皆で共感できた。

それを味わえたのはやはり、周りの方々のお陰に違いない。
助けて頂いたお陰で本日何とか出荷まで来れた。

最も喜んでいるのはもちろん我らが職人だ。
直接自分の手で作った製品だ。
力の限り一生懸命愛と魂を込めひたすら尽くした製品だ。
それは実際自分自身が携わらないと味わえない感覚そして心の動きであろう。

それを敢えて表現するのであれば達成感という言葉がよいのであろうか。
もしかすると嬉しいという言葉であろうか。

それらは文字には表現できない、一人一人が味わえる素晴らしく光り輝くもので
あったであろう。
やはりものづくりを続ける理由の一つにこの光り輝く愛と魂があることには間違いが
ないようだ。


下記写真は本日の出荷の様子です。
全ての商品が光輝いていました。
その光はものづくりに対する愛と魂に間違いなかとです。


実はこれらの写真。
私が撮っていません。
女性の事務員さんが精魂込めて撮りました。

私は外出していたために撮ってもらいました。
どうでしょうか。
これらの写真。我が女性の事務員さん。
直接今回のものづくりには参加していなくても心は一緒に完成させたと
写真は語っているように私には思えてなりません。


10トン車。3台。

1台目

c0056840_2016118.jpg
c0056840_20161118.jpg
c0056840_20163413.jpg
c0056840_2016449.jpg



2台目
c0056840_20165368.jpg

c0056840_2017261.jpg
c0056840_20171110.jpg
c0056840_20171983.jpg
c0056840_20172813.jpg
c0056840_20174972.jpg
c0056840_2018085.jpg
c0056840_20181028.jpg
c0056840_20183967.jpg

c0056840_20185366.jpg
c0056840_2019177.jpg
c0056840_2019869.jpg
c0056840_20191629.jpg



3台目
c0056840_20192450.jpg
c0056840_20193437.jpg
c0056840_20194160.jpg

c0056840_2020716.jpg
c0056840_20201827.jpg
c0056840_20202616.jpg
c0056840_20203552.jpg




工場には製品出荷後の寂しさが残りました。
しかし、既に次の製品の愛と魂のものづくりは始まっています。
次はこの世にないベルトコンベアです。

決して首は回らなくてもものづくりを続けていくとですばいっ!!

c0056840_20204231.jpg




さあっ。ふところに台風が吹き荒れる前に次の製品完成させまっしょっ!!

それでは又です。



本日読破。
「鉄道員 ぽっぽや」浅田次郎氏

浅田次郎はこの本で直木賞取ったんですね。
この本のあとがきで初めて知りました。
浅田氏の小説の根底に流れる不幸に対する幸せ。
幸せとは何かをあの世の人間まで使って表現しようする追求心。
その心が読む者の表情を涙へと変化させるのでしょうか。
しかし、この涙が爽やかさへ向かわせるのはさずがです。


読破中
「電気とはなにか」室岡義広著
電気のホールについて書かれているようで。
イオン以外にあるホール。
そして磁気と電気との相違点も書かれてあるようで。
ファラデー以後の電気についての事実を感じてみます。






 ホームページ「研森.COM」  
  
 最近未発行にもかかわらず何故か読者数は増えています。
 有難うございます。何とか近いうちに発行せねばいかんとです。
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

 皆様たいへんお世話になり有難う御座います。
 ものづくり心で参加のブログあるかな。
 人気blogランキング
 

 最近ようやく分かった言葉に「正直者は馬鹿をみる。」があります。

 どうも正直者には2種類があるようです。
 常に欠点を見る正直者と。常に長所を見る正直者と。

 人間は同時にこれら2点を見ることはできないようです。
 常に人のあら捜しをするか、人を常に褒めているかどちらかのようです。

 この「正直者は馬鹿をみる。」の正直者は一体どちらでしょうか。
 
 人の欠点を指摘する人は嫌われます。
 人の長所を常に褒めている人は好かれます。

 それは人間だからのようです。
 この世が単純なように実は人間も単純なようです。

 これも自然の摂理なのでしょうか。
 「正直者は馬鹿をみる。」
 この本来の意味はそうなのだろうと勘違いする事に本日密かに決めました。

 これについてはLEONとお髭とネオンは一切関係ありません。
 だってこの世は単純です。

 ただそれだけなんです。


 あっ。ネオンといえばニタニタ会。どうするとな~っ。
 
 ニタニタ~っ!!
 
2006.3.8by 町工場の親父のスーパー息子
 
  ・・・・愛語とは
     「楽しい、嬉しい、幸せ、大好き、有難う、愛してる、ツイてる。」でしょうか。


  ・・・・私は笑いの上級者を目指しているとです。
      私を見かけてニタニタしていなければ、叩かないでくすぐって下さい。
      叩かれると痛かです。 


 研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
 福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
 担当:森山他誰でも
 コンベア、コンベヤ、選別機他産業機械機器全般。
 設計から製作、組立、据付及び修理、メンテナンスまで一環して行っている
 小さな町工場です。
 福岡空港そして博多駅の近くで交通の便は良いところです。
 いつもニタニタ笑顔でお待ちしてます。
 TEL092-411-1203
 FAX092-411-1259
 e-mail:info@kenmori.com
 スカイプID:supason(スカイプは日中接続目指しています。)
 
☆☆私たちの物創りで皆様の幸せ作りができれば幸いです。☆☆
[PR]
by moritoyamachan | 2006-03-10 20:45 | 産業機械の内容
<< 3月11日 ベルトコンベア上で... 3月8日 立会い検査。お陰様で... >>