5月15日 特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機の開発成功に至るまで。第3話。


昨日は5月14日。日曜日。
私を含め我が社は休日だった。

そして昨日5月14日でないと出来ない事を実行した。
私だけではなく我が核家族で行ったのだ。
それは決して他の日では出来ない事。
昨日一日間だけできる事。

それは書くまでもないであろう。
皆さんも実行されたはずだ。

昨日は「母の日」。
つまり最近とてもシワが増えたお袋への親孝行なのだ~っ。!!



--------------------

ベルトコンベア式汚泥乾燥機。
この汚泥乾燥機も3号機目となった。
その写真は下記の通り。

実際試運転している様子。見た目は実は2号機とは何ら変わらない。
c0056840_1972274.jpg


今回3号機で必ず成功させる。
その意気込みで当然我が社は対応した。
もちろん当時メーカーの担当者そして今現在我が社の東京出張所のメンバーも同様だ。
誰もが成功を信じ、設計、製作そして試運転を実行した。

それでは今回紹介の3号機と2号機ではどこが違うのか。
見た目、外観上はあまり代わり映えはしない。

2号機で改良したヘッド(前)そしてテール(後)のプーリー(ローラー)での加熱はとても
効果があった。
蒸気が密閉されたパイプの中を通るだけの機構ではあるが、
1)パイプ内の蒸気が外気に触れることがない。
2)パイプ内を通した蒸気の圧が高まり内部の温度がかなり上がる。
の2点の要素により期待以上の加熱が出来た。

今回3号機はこの原理を他の部分へ応用する事を考えた。

それは上下テールのプーリー(ローラー)が取り付いている投入部で、投入された塗装汚泥はかなりの温度で加熱される。
その上下プーリーを通り過ぎると蒸気で加熱されたスチールコンベアベルト上下で挟まれた部分でより一層加熱され乾燥されるはずだ。
ところが蒸気をコンベアベルトへ直接かけると外気に触れる、そして蒸気圧を保てない。
そのため一向に乾燥しないのだ。
肝心の挟み込みベルトコンベアの乾燥部分での乾燥がうまくいかないのだ。

それではコンベアベルトを加熱させる際、蒸気を直接かけるのではなくコンベアベルトを受けている部分を加熱しその温度でベルトの温度を上げてはどうか。
コンベアベルトを滑らせている部分を蒸気で温めその熱でコンベアベルトを加熱してはどうであろう。
早速実行に移った。

そのベルトの滑り受け部はなるべく高い圧を保てるよう密閉構造とした。
蒸気は圧が上がれば上がるほど温度が上がる。
なるべく密閉構造にし、その上、下をスチールコンベアベルトを滑らせる。
その密閉部のコンベアベルト受けの滑り部へ蒸気を入れる。
そして密閉構造のため圧がなるべく保たれ温度が上がる。
コンベアベルトの受けの滑り部は高い温度で加熱されそしてその温度がコンベアベルトへ
伝わる。
これにより直接コンベアベルトへ蒸気をかけるより温度は上がるだろうと誰もが予想した。


既に納期どころではない。
お金もかなりつぎ込んでいる。
一刻の猶予もない。
今回成功させなければ我が社はもしかしてこの世での存在価値は果たして。。。。
嫌な予感がありながらも必死に製作終了させそして試運転。

塗装汚泥を投入し後は出口で待つ。
ベルトコンベアの速度は遅いため出口で待つ時間は長い。

しかし、ひたすら待つ。
そして出てくる。
メーカーの担当者が前に出る。
乾燥された塗装汚泥をじっと眺める。
そして手にもつ。
そこのは笑顔はない。
果たして結果は。

重量計で重さを測る。
投入の際の重量とコンベア式乾燥機3号で乾燥され排出された塗装汚泥の重さと
比較する。
う~ん。結果は果たして。
実は。。。。。

思い通りの結果では決してなかった。
乾燥できていない。

担当者のひきつった顔つきを今でも鮮明に覚えている。
失敗である。

では何故今回も失敗したか。
密閉構造のため温度はかなり上がったはずだ。
しかし、その上がったはずの温度がコンベアベルト受けの滑り部へ伝わっているはずなの
だがのだが中々上がらない。
時間経過と共に上がっても良いのだが、いくら時間がたっても一向に温度が上がらない。
実はコンベアベルトがスチールベルトのため特殊な材質の部品をベルト受け滑り部に
取り付けていたのも一因だろう。
その滑り部の温度が上がらない事にはコンベアベルトの温度が上がるはずもない。


私はこの瞬間本当に我が社の行く末を案じた。
これで私はいよいよ我が社はとまで思った。

しかし、あきらめなかった。
我が社は決してあきらめなかった。

今回の試運転時間はかなり短かった。
ダメであるとわかると即座に解体。
一刻の猶予もない
そして次なる手段を講じることに。
そして次回こそは成功ともちろん書き記したかったのではあるが。。。。。

予想される今回の失敗の原因を書きたい。
蒸気は水蒸気であるため100℃以下になると必ず液化する。
今回は閉じられた空間のためもし液化していたのであれば周りの熱エネルギーを奪う。
蒸気加熱で最も怖いのがこの液化である。100℃以下に下がると当然水になる。
この水は更なるエネルギーを奪う。

蒸気を投入された当初はかなり温度は上がるはずだ。
しかし、加熱された密閉部から熱を伝えるべく箇所へ熱が100%伝わらなければどうなるか。
伝わったとしても加熱されなければ密閉部の温度は下がる。
単に熱エネルギーが奪われているだけのはずだ。
そのため密閉部の温度が下がれば液化という現状もありうる。
一旦液化されると蒸気はいくら入ってこようと熱エネルギーは奪われ、密閉部事体の
温度は上がらない。

私なりに書いてみた。
間違っていればどしどしご指摘を。


3号機の外観。見た目は2号機とあまり変わらない。
c0056840_2072310.jpg


メインのコンベアベルト挟み込み乾燥部。進行方向向かって右側。
c0056840_2074152.jpg


メインのコンベアベルト挟み込み乾燥部。こちらは進行方向向かって左側。
c0056840_2075340.jpg


3号機。投入部。
c0056840_2081330.jpg


そして3号機。排出部。
c0056840_2082090.jpg



もう既にいろいろな面で一刻の猶予もない状態だった。
即座に解体。そして更なる製作に入った。
この時期は既に11月後半。
確か受注したのが8月盆休み明けくらいだった記憶が。
既に4ケ月近くの月日が経っていたのか~。

次回に続く。
次回こそは成功という2文字を記したかったのですが。。。




コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。

メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」




各種コンベア・コンベヤ・産業機械、機器に関する事お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせについてはこちらをクリックされて下さい。



---------------------


本日の我が九州は福岡、博多の町工場の様子です。

お陰さまで慌しくしておるとです。
私の図面が一向に完成しません。
我らが職人さんすんません。

本日は現場工事もあった。
そして客先へも訪問。
他の新規の物件の見積提出。
最近次から次と押し寄せてくる。

次なる図面が完成していない。
そのため我らが職人は時を見計らい、我が工場の模様替え実施中。
何年ぶりであろうか。
中々出来なかった、整理整頓、工場内の改装実施中だ。
我が親父である頑固社長を中心に。


そういう状況でも我が町工場の汎用旋盤3台大いに力を発揮しとるとです。
力の限りものづくりに励んでいるとです。

c0056840_20225563.jpg
c0056840_20231480.jpg
c0056840_20232253.jpg
c0056840_20233039.jpg


ひとまずステン製品完了。
これから組立に入るとです。
c0056840_2023391.jpg




------------------



昨日5月14日は全国共通の「母の日」。
そのため我が核家族は我がお袋を連れて何と福岡ヤフードーム球場へ足を運んだ。
お袋は何年かぶりだととても喜んでいた。

昨日の試合の対戦相手は阪神。
この球団の応援も充実していた。
10人目といわれる応援団。
その応援団も十二分に力を発揮していた。

試合はソフトバックの勝利。

そのため花火ショー。そしてドーム球場の屋根が空いた。
試合は夜ではなく午後の時間開催であったため屋根が空いた際は青空も眺めることが
出来た。
太陽の白い光が球場中を照らしだした。

我がお袋も風船を飛ばしそして一緒に応援歌を歌う。

ソフトバンクの応援は決して強制される雰囲気がない。
非常に勝手気ままだ。
そして上品かな。?

そのためだろうか。年配の方。そして小さな子供さんも結構応援している。
そうか昨日は日曜日という事もあるのであろう。

我がお袋。帰りの車の中で何回も「有難う」と我が核家族へ。

今回我がお袋を誘い出したのが我が嫁様。
さすがである。
粋でいなせである。
私には決して出来ない事だ。
出来た嫁である。

やはり日頃の行いが物を言うのであろう。
日頃を見ていれば判る。
ただそれだけだ。

昨日は何よりも我がお袋に笑顔で過ごしていたことが一番だ。
果たして我が核家族は親孝行になったのであろうか。

皆さんの母の日はいかがでしたか。


今日は少々長かったですね~。
最後まで読まれたのであれば感謝ですばい。


それでは又です。


昨日読破。
「物理学はいかに創られたか 上巻」アインシュタインインフェルト著 石原純訳
あくまでも難しい物理の内容を図と文章で説明されています。
優れた本です。

さて下巻は如何でしょうか。




 ホームページ「研森.COM」  
  
 

 コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
 ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」



 皆様たいへんお世話になり有難う御座います。
 昨日はお袋孝行ブログあるはず。
 人気blogランキング

  
 休みのツケなど存在しません。
 長い休みのツケなど存在しません。

 今起きていることが事実です。
 今現在やっているいることが現実です。
 
 決して過去未来を生きていません。

 ツケと思うからツケです。
 漬物と思えばおいしいです。
 釣りを思えば楽しいんです。
 お金のツケと思えば払いません。

 要するるどう思うか。
 どう考えるか。
 それだけです。

 私は決してツケで飲みません。
 それはツケで飲める場所などないからです。

 逆にツケなどきくところがあるからツケが回ったと思うのです。
 逆にツケがきくところなどこの世にないと思っていればこんな気が楽な事はなかとです。

 ニタニタ~っ!!
 
2006.5.15by 森山秀行
 
  ・・・・愛語とは
     「楽しい、嬉しい、幸せ、大好き、有難う、愛してる、ツイてる。」でしょうか。


  ・・・・私は笑いの上級者を目指しているとです。
      私を見かけてニタニタしていなければ、叩かないでくすぐって下さい。
      叩かれると痛かです。 


 研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
 福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
 担当:森山秀行他誰でも
 コンベア、コンベヤ、選別機他産業機械機器全般。
 設計から製作、組立、据付及び修理、メンテナンスまで一環して行っている
 小さな町工場です。
 福岡空港そして博多駅の近くで交通の便は良いところです。
 いつもニタニタ笑顔でお待ちしてます。
 TEL092-411-1203
 FAX092-411-1259
 e-mail:info@kenmori.com
 スカイプID:supason(お気軽にお電話を。コンベア、産業機械のお悩み解決できれば。)
 
☆☆私たちの物創りで皆様の幸せ作りができれば幸いです。☆☆
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-15 20:49 | 乾燥機
<< 5月16日 特許出願済みベルト... 5月13日 特許出願済みベルト... >>