5月16日 特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機の開発成功に至るまで。第4話。


ふわ~りふわりと浮きながら生きている私。
決して地についた生活などしていない。
体は軽く、常に滑らかな動きでまるでバレリーナを見ているようだ。
しかし、あくまでも自分ではそう思っているだけだ。
他人がどう思っているかなど気にもしない。
ひたすら笑顔で常に幸せな気分で上機嫌でいるだけだ。
それはいくら他人が苦しんでいても嘆いていても私は常に上機嫌だ。

それには訳がある。実は理由があるのだ。

私は人間には雰囲気が出せると学んだ。
人間はオーラを作りだせると学んだ。

それは本当なのだろうか。
いやひたすら信じて行うだけなのだ。
しかし、決して信者にはならない。

雰囲気を作りだせればカリスマという言葉も生まれてくる。



---------------------

特許出願済みのベルトコンベア式乾燥機も第4号機と進んだ。
この4号機の製作までの期間は3号機解体後そんなにかからなかった。
それは改良内容が多くなく、連日夜遅くまでかかり、我らが職人が猛スピードで
仕上げたからだ。

4号機の外観写真です。
外観上は3号機とは全く変化はありません。
つまり2号機とも代わり映えしないことになります。

c0056840_18554614.jpg


では4号機で何を改良したか。
それはこのコンベア式乾燥機のメインの加熱部分である、スチールコンベアベルトの
加熱方法を改造した。

前回3号機はコンベアベルトの受け滑らせる部分を密閉構造とし、そこの温度を上げ
コンベアベルトの加熱を試みた。
しかし、思い通りの成果は上げる事は出来なかった。

その、コンベアベルト受け滑り部分への加熱はコンベアベルトの進行方向に向かって
中心部分のみとしていた。
実際乾燥させる塗装汚泥が進行する範囲はコンベアベルトの進行方向に向かって
そんなに左右には広がる事はなかった。
そのためコンベアベルトの中心部分の狭い範囲のみの加熱としていた。

4号機はそこを改良。
コンベア部分の一部ではなく全面を加熱する方策を取る事にしたのだ。
蒸気でコンベアベルト受け部分全てを加熱することにした。

なるべく密閉構造とし、その部分に蒸気を入れ圧を上げ温度を上げる。
今回はかなり広い範囲を一度に加熱しその温度でベルトを温める。
今回は狭い範囲ではなく、ベルト全面に渡って加熱できるのでコンベアベルトの温度は
かなり上がると予想した。
コンベアベルト受け、滑り部分全体を加熱し、その温度がベルトへと伝わりかなりの高温まで
コンベアベルトの温度は上がるだろうと期待した。
前回3号機より加熱範囲は3倍以上に増えた。
蒸気で加熱する範囲が大いに増えたことになる。

ところがだ。思わぬことが起きた。
信じられないことが起きた。
このまま試運転を続ければ事故に繋がる危険さえあったのだ。

今回4号機は蒸気圧で温度を上げるためもちろん密閉構造とした。
蒸気は圧が上がれば上がるほど温度も上がる。
密閉された空間での分子エネルギーの運動が活発になるため当然温度は上がる。

そしてそこへ入った蒸気の排出口ももちろん取り付けていた。
それは計算上は決して間違っていないはずだ。

ところがだ。
排出の量が少なかったのだろう。
次第に密閉されたベルトの受けの部分が膨らみ始めた。
メリメリという音と共に脹らみ始めたのだ。
最初は何の音かは判らなかった。

蒸気を入れて排出され入るはずなので当初は判らなかったのだ。
目に見えて変化がわかるようになる。
ベルト受けの部分が本当に膨らみ始めたのだ。

事の重大さに気づき蒸気を焚くボイラーの運転を停止する。

つまり入った蒸気が出口から出ないため、次から次へと入ってくる蒸気の力で
その密閉された空間を広げたのだ。
その広げる力がコンベアベルトの受けの部分を膨らまし続けた事になる。

このベルト受けの部分はステンの厚い板の溶接と曲げの構造でかなり頑丈にできていた。
そのためかなりの蒸気の力でも耐え切れたと思われる。

もしかしてこのまま蒸気を入れ続けたとしたら俗に言う水蒸気爆発さえ起こり得たのだ。

この原因は排出口のつまりにあったようだ。
そのため排出口から思い通り蒸気が出て行かなかった可能性が考えられる。

今回4号機も誰の目から見ても失敗。
その上乾燥機事体もかなりの損傷である。

一体どうすれば良いのか。

実はこのコンベア式汚泥乾燥機に状態を痺れを切らし、エンドユーザー方がわざわざ遠方より新幹線で来られた。
その際はまだ膨らむ状態ではなく試運転の真っ最中であった。

4号機は試運転ができなかった訳ではない。
ある程度の時間は実際塗装汚泥を流し、乾燥の状況を見る事はできた。

結果はかんばしくなかった。
この様子はエンドユーザーの方もご覧になっていた。

我が社も行く末はどうなるのか。
一体これまでかかったお金は回収できるのか。

幸いこのコンベア式乾燥機のみ我が社は製作していたわけではない。
他にも物件目白押しであった。
銀行にも大変お世話になり何とか資金繰りはついてはいた。

しかしだ。成功しない事には我が社にはお金は一銭も入ってこない。
是が非でも成功させなければ我が社もいずれかはどうにかなる。

この発注メーカーの担当者は再びその当時の自社へ引き上げ検討する事に。

我が社はこのコンベア式汚泥乾燥機に時間を取られながらも連日夜遅くまで残業の日々。
もちろん休みなどない。
この乾燥機がうまくいかない以上地道にお金が入る物件をこなさねばならない。
実は他の物件でも多少の失敗は確かにあった。
しかし、いずれも最終的にはうまく行きお金の回収は順調であった。
たくさんのお客様に助けられたことになる。
本当に感謝だ。

そしてこのベルトコンベア式乾燥機。
発注したメーカーより信じられない言葉を聞かされことになる。


次回へ続く。




コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。

メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」




各種コンベア・コンベヤ・産業機械、機器に関する事お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせについてはこちらをクリックされて下さい。



---------------------



前置きだけ書いたカリスマと人間のオーラ、雰囲気の議題は後日とします。
お楽しみにお待ち下さい。

今回はこれにて終了します。

まだまだ本業に徹しないといかんとです。
実は納期がなかとです。



それでは又です。


昨日読破。
「物理学はいかに創られたか 下巻」アインシュタインインフェルト著 石原純訳
いよいよ相対性理論の説明です。
特殊と一般。果たして理解できるでしょうか。




 ホームページ「研森.COM」  
  
 

 コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
 ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」



 皆様たいへんお世話になり有難う御座います。
 納期がなんだとは決して言えないブログあるはず。
 人気blogランキング

 
 先ずは自分の雰囲気を判るためには他人の感情が判るようにならなくてはいけない
 ようです。
 つまり他人の雰囲気そしてオーラを把握できるようになるのです。
 
 人それぞれ雰囲気があるはずです。
 そしてそれは刻一刻と変わっています。

 喜びの感情。怒りの感情。安らぎの感情。お金の勘定?
 様々です。
 先ずは他人の行動そして感情を把握できるようになれば。
 それは他人のオーラがわかるということですが。

 しかし、普段感じませんか。
 成功者のオーラ。
 自分をひたすら不幸だと思っている人のオーラ。

 ではオーラが判ればどうしますか。
 
 私も判りません。

 私はいつも結果オーラ イ。
 これからの研究オーラいやテーマの一つです。
 その雰囲気の構成している物の世界に物理学なる学問が存在します。
 それはあくまでも科学の目で解き明かしていきます。
 もちろんその雰囲気空間の表現方法は他にもあります。
 心理学。そして哲学。
 その際には果たして笑顔は必要ですか。
 私にとってはこれは研究オーラいやテーマではありません。
 それは、私にとって笑顔は当たり前の空間そして雰囲気のひとつなのです。
  
 ニタニタ~っ!!
 
2006.5.16by 森山秀行
 
  ・・・・愛語とは
     「楽しい、嬉しい、幸せ、大好き、有難う、愛してる、ツイてる。」でしょうか。


  ・・・・私は笑いの上級者を目指しているとです。
      私を見かけてニタニタしていなければ、叩かないでくすぐって下さい。
      叩かれると痛かです。 


 研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
 福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
 担当:森山秀行他誰でも
 コンベア、コンベヤ、選別機他産業機械機器全般。
 設計から製作、組立、据付及び修理、メンテナンスまで一環して行っている
 小さな町工場です。
 福岡空港そして博多駅の近くで交通の便は良いところです。
 いつもニタニタ笑顔でお待ちしてます。
 TEL092-411-1203
 FAX092-411-1259
 e-mail:info@kenmori.com
 スカイプID:supason(お気軽にお電話を。コンベア、産業機械のお悩み解決できれば。)
 
☆☆私たちの物創りで皆様の幸せ作りができれば幸いです。☆☆
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-16 19:50 | 乾燥機
<< 5月17日 今日の焚き火大会は... 5月15日 特許出願済みベルト... >>