5月18日 特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機の開発成功に至るまで。第5話。


先日前置きだけ書いた雰囲気、オーラーとカリスマとの関係。
この議題について一気に書いてしまおうかと当初は考えていた。

しかし、頭の中を整理するうちにこのテーマ、議題はとてつもなく私にとっては奥が深いことに
今頃になって気がついた。

頭の中を整理するどころかさらに混迷を深め整理どころではない。
先ずはどこからこのテーマを書き出せば良いかなど、つい悠長なことを書いてしまう。
そのため、この雰囲気、オーラとカリスマの関係は地道にゆっくりと気長に書いて
いくことにしたのだ。

私が従来より求めている自然の摂理。
この摂理を追い求めているうちにこの雰囲気、オーラに突き当たった。

このテーマを少しでも理解すれば自然の摂理という難問の解決の手助けになる
かもしれない。
そんな期待を胸に抱きながら、文章化する事により逆に頭の中を整理できる可能性に
かけてみようと思う。
手を動かす、つまり右脳をできる限り刺激することによる思考の忠実さを求めていこうという
ことになるのであろう。





--------------------

特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機。
実際、今現在塗装汚泥を乾燥させている。

実に4号機。4回挑戦していずれも失敗に終わった。
その4号機が失敗に終わった頃は既に去年2005年の年末。12月に既に入っていた。
季節も冬となり寒さも厳しくなりつつあった。
このコンベア式乾燥機。実際我が社で始動始めたのが8月盆休みの残暑が厳しい頃。
夏が終わり秋も既に越し、そしてついには年末の冬の季節に入った。
約5ヶ月目に入り始めた。

これまでに一度も成功していない。
失敗続きだ。

このまま年を越してしまうのだろうか。
そんな不安が頭から去らない。
一体成功させるためにはどうしたら良いのだろうか。
このまま失敗のままではわが社の社運はいかなる事に。
これまでにかけた金額からして果たしてこの世に存在できうる会社でいられるのか。

夢にまでこの乾燥機が出てくる日々が続いた。

これは私だけではなかっただろう。
夜遅くの残業そして休日無しの毎日。
その毎日をもろともせず力の限りものづくりに励んでいた我らが職人にとっても同様であった
に違いない。

既に社運が大きくかかったコンベア式汚泥乾燥機。
ついに思いもしないことが起きた。

このコンベア式乾燥機。
4号機が失敗に終わり次なる5号機の製作にかかるまで少々期間があった。
5号機の製作は4号機失敗の後即座に開始されたのではない。

実はこの乾燥機そのものの技術的問題以前に乾燥機に携わる人そして会社に
難問が浮き上がってきたのだ。
それは金銭面で一銭も回収できていない。
お金は出て行く一方だ。全く入ってこない。
それが今まで長期間続いている。
そうなると会社の存続は当然きつい。
お金を回収しない事には払うべきところへ払えない。
当然の流れだ。
そのため発注メーカーにしてもこれまで結構なる資金をこの乾燥機に対して
提供しているはずだ。
幸い我が社は我らが職人の頑張りのお陰で銀行にも力を借り、資金繰りは
何とかこなしていた。
もちろん我が社へ注文いただいたたくさんのお客様のお陰だ。

この乾燥機の製作期間中も大きな物件はいくつもあった。
それを休日出勤そして残業によりこなしていたことになる。
我らが職人の頑張りは相当なるものであった。

しかし、このコンベア式乾燥機に関する人間そして会社にまつわる内容についてを
具体的に書くのは躊躇したい。
それを書くのは人間として少々人格に欠けるといわざるを得ないであろう。

そのため結果のみを記しておこう。
1.乾燥機が成功し、無事エンドユーザーが支払ったお金は発注メーカーを経由して
  我が社へ何度かに分けられ即座に振り込まれた。
2.この乾燥機の担当者は今現在我が社の東京出張所のメンバーとして活躍して
  頂いている。

これ以上は決して今後も書けないし、又一切書くつもりはない。

但し、当時発注メーカーの担当者については書いても差し支えないであろう。
今現在我が社の東京出張所のメンバーだ。

それはこの人物のお陰で成功した言っても過言ではない。
まさしくこの人物のお陰でこのコンベア式汚泥乾燥機。無事成功し、今現在稼動しているのだ。

サラリーマンであるにも係わらず、そして決してかなり困難な立場に陥ったにも係わらず。
この乾燥機の為に存分に力を尽くして頂いたし、そして今現在も力を発揮して頂いている。

一人のサラリーマンとしてではなく、一人の技術者、開発者としてこの乾燥機に付いてきて
頂いた。
これはサラリー、給料お金以上に大切な優秀な技術者としての心意気が存分に我が社、
私達に存分に常に伝わっていた。
情熱だろうか。ものづくり、成功に対する技術者魂であろうか。

まさかこれほど全身全霊を掛けこの汚泥乾燥機、我が社の為に力を尽くしていただくとは。
信じられないくらいの行動であった。

この人物のお陰である意味我が社は救われた。
この人物がこの乾燥機の成功するために、存分に力を発揮して頂いたお陰でこの
汚泥乾燥機はいよいよ5号機で成功する事になる。

この4号機をどう改造するかという議論が始まった時点で既にサラリーマンでは
なく一人の我が社を救う開発者へと変身していただいた。

一体何がそうさせたのだろう。
一体何故生身の体を我が社へ差し出してまで力を尽くしていただいたのだろう。
それは本人には聞いていないし、又聞こうとも思わない。
その行動がその本人の進むべき道を現しているのだから。

何度も書く。我が社は本当に助かった。
この人物のお陰で。
会社というブランドを背負う事を拒否してまで、この汚泥乾燥機、我が社を成功へと
導いていただいた。
果たしてこれほどの人物がいまだ日本のいう国に存在していたとは。
嬉しい限りの信じられないほどの出来事であった。
日本の技術を大いに支えている人物が又しても乾燥機、我が社へ技術力を
存分に発揮したのだ。

今までの文章で果たしてこの人物の偉大なる乾燥機そして我が社への功績は伝わる
だろうか。
もし伝わらないとすれば、何度も書き直す必要があるだろう。


ついに成功したベルトコンベア式汚泥乾燥機。5号機。
下記に写真を掲載します。

外観。4号機からかなり変貌を遂げています。
c0056840_20292654.jpg


5号機。投入口。
c0056840_2029388.jpg


5号機。排出口。
c0056840_20294930.jpg


そして実際乾燥に成功した塗装汚泥。
この箱に溜まった乾燥した塗装汚泥からは成功という湯気が出ているのが
一部の人間にだけ見えるのは本当でしょうか。
c0056840_20295882.jpg



次回よりこの5号機の具体的内容について。
そして特許出願に至るまでの道のりも。
次回へ続く。




コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。

メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」




各種コンベア・コンベヤ・産業機械、機器に関する事お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせについてはこちらをクリックされて下さい。



---------------------




前置きに書いた先ずは雰囲気の空間についての研究テーマについては次回以降に。

一体いつ書くんだという怒りそして非難の雰囲気が私まで伝わってくるとです。
じらすだけじらしやがって。
誰がそんな訳のわからん内容など読むもんか~。
と。今読んでいるあなたは一人ごとのように大声で叫んでいるに違いないでしょう。

その雰囲気はやはり伝わるとです。

人間にはある空間を誰しもが持っています。
実は誰にも入られたくない空間を持ちながら生活しています。
人それぞれの空間に他人が入ると不快になります。
その空間とはその大きさは人により違う。又相手により変化するようです。
俗に言う空間のプラバシーとでもいうのでしょうか。

例えば、満員電車の中では自分の空間を一切保てません。
それどころかたくさんの自分の空間に無理やり入り込んで来ます。
そのストレスなるものかなりのものです。

それではそれぞれの人物を包んでいる空間とは一体何でしょうか。

いつの間にか雰囲気を先ずは人の持つ空間から書いてみました。
ご意見をどしどし。期待するとです。
これから先も。


それでは又です。


昨日読破。
「物理学はいかに創られたか 下巻」アインシュタインインフェルト著 石原純訳
朝寝坊。昨日は肉の食べすぎかな。



 ホームページ「研森.COM」  
  
 

 コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
 ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」



 皆様たいへんお世話になり有難う御座います。
 技術者魂に溢れたものづくりブログあるはず。
 人気blogランキング

 
 雰囲気とはやはり空間なのでしょうか。
 ではその空間とは一体何でしょうか。
 その空間を支配するのがカリスマという人物でしょうか。

 しかし、空間とは目に見えないものです。
 実は人間の目で見えるものとはこの世に存在する物のほんの一部に過ぎません。
 そのため幸いな事に人間には偉大なる五感という感覚が備わっています。
 物理学では目に見えないものに対して思考実験を繰り返し、科学の目を入れていきます。

 それはもしかして五感実験なのでしょうか。
  
 ニタニタ~っ!!
 
2006.5.18by 森山秀行
 
  ・・・・愛語とは
     「楽しい、嬉しい、幸せ、大好き、有難う、愛してる、ツイてる。」でしょうか。


  ・・・・私は笑いの上級者を目指しているとです。
      私を見かけてニタニタしていなければ、叩かないでくすぐって下さい。
      叩かれると痛かです。 


 研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
 福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
 担当:森山秀行他誰でも
 コンベア、コンベヤ、選別機他産業機械機器全般。
 設計から製作、組立、据付及び修理、メンテナンスまで一環して行っている
 小さな町工場です。
 福岡空港そして博多駅の近くで交通の便は良いところです。
 いつもニタニタ笑顔でお待ちしてます。
 TEL092-411-1203
 FAX092-411-1259
 e-mail:info@kenmori.com
 スカイプID:supason(お気軽にお電話を。コンベア、産業機械のお悩み解決できれば。)
 
☆☆私たちの物創りで皆様の幸せ作りができれば幸いです。☆☆
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-18 20:54 | 乾燥機
<< 5月19日 特許出願済みベルト... 5月17日 今日の焚き火大会は... >>