短機長 最高速ベルトコンベアの特徴です。

今回弊社にて製作した短機長 最高速ベルトコンベアの特徴を
記載します。

樹脂ベルトコンベア 機長1700L速度215M/min世界最高速
コンベアの特徴です。
弊社製作コンベアは、短機長、最高速でも一切蛇行せず安定稼動します。
但し、世界最高速は私が勝手に思い喜んでいるだけなのですが。

特徴
1.コンベアベルト
 ハバジット殿にて選定していただく。速度が速いため当然帯電防止ベルト。
 短機長の場合取り付けるベルト裏面蛇行防止桟は取り付けていない。
 最高速のため外れる可能性 大。
 
2.ベルトエンドレス方法
 フィンガーエンドレス 工場エンドレス

3.搬送面キャリア方式
 鋼板スベリ式

4.ヘッド及びテールプーリー(ローラー)
 両端クラウン。但し、詳細内容ハバジット殿とじっくりと相談した。
 鋼管材料歪み、曲がり旋盤にてじっくりと修正。

5.スナッププーリー(ローラー)の取付
 今回取り付けるかどうか迷った。
 スナッププーリーの意味合いは、ヘッドプーリーの巻きつけ角度をつ
 けること以外にも、取付位置によっては蛇行調整機能がある。
 但し、今回は取リ付けなし。

6.テンション 緊張装置
 テール側スクリュウネジ式。
 他にテール側に蛇行防止用に1ケ所つけるかどうか迷った。
 これも取付なし。


今回のコンベア設計、製作時の重点項目

 上記重複するが
 1)ヘッド及びテールプーリーの適正なクラウン。ただつければ
  よいのではない。
 2)ヘッド側軸受、調整移動可能。
 3)プーリー材料鋼管の歪み、曲がり修正。
 4)フレームの強度及び組立寸法の正確さ。傾き、曲がりなきように。
 5)プーリーの数の少なさ 

 おかげさまで、昨日3月4日試運転本番うまくいきました。
 感慨ひとしおです。

 次の課題
 1)ベルトとキャリア搬送鋼板との摩擦音の低減。

 これは難なくクリアできると思います。

 以上最高速コンベアの特徴でした。

 今回は、色々とハバジット日本 川﨑様にはたいへんお世話になりました。
 心より感謝いたします。

 ホームページ 研森.COM
 メルマガ 「もう悩みません。コンベア・産業機械」

 2005.3.5 by 町工場の親父のスーパー息子                  
                          
[PR]
by moritoyamachan | 2005-03-05 19:04 | 短機長 最高速のベルトコンベア
<< われらが職人は現場工事も楽しく... 短機長 最高速のベルトコンベア... >>