10月10日 攪拌装置は取り付けできたのか。 そして 時 (16)。。。



大詰めを迎えた最新連続コンベア式汚泥乾燥機の開発。
何度も試行錯誤の上改良を加えたが今回は攪拌装置を取り付ける。
これにより当初ベルト上部の加熱は加圧ローラーの伝熱乾燥のみであったが
先ずは熱交換式による熱風乾燥そして新たに今回攪拌乾燥が加わる事になる。



2008.10.10%281%29.jpg



同じ内容はこちらブログでも読めます。










今回開発行っている乾燥機の熱源は飽和低圧蒸気のみだ。
ベルトコンベア式にこだわりそのベルトはスチールベルトを使用している。
材質はSUS304同様の耐腐食性のある特殊合金だ。
処理物を投入後、搬送しながら加熱するのだが、ネット金網ベルトのように穴はなく
下へ落下することは全くない。
スチールベルト自体も全面加熱されており120~140℃までにはなる。

加熱されたベルトに載せられた処理物はベルト進行に伴い搬送される。
その運搬中に処理物を加熱し乾燥する訳だ。
それは下部からは加熱されたベルトにより乾燥を行い、処理物上部よりも加熱を行う。
その処理物上部への乾燥手段は当初加圧しながら直接加熱方法のみであったが
先ずは蒸気配管チューブによる熱交換式による熱風加熱を追加した。
その上今回は攪拌機能を加え掻き混ぜることによる乾燥の促進を図っている。

その実証テストを攪拌装置取り付け終了後早速行う。
果たして結果や如何に。。。




2008.10.10%282%29.jpg



--------------------------------------------------------



好不況の波はあったものの売上は上がった。
決して仕事は途切れることなく次々と舞い込む。それこそ「作れ作れ」の時代だ。
下請けを一切辞めたが何ら困ることはなかった。
かえって利益率は格段と上がり会社は儲かった。

客先も少々の失敗は大目に見てくれた。
それだけどの会社も利益を上げており儲かっていたのだろう。
少々のことは目につぶり支払いはしてくれた。

俺は何でも作った。言われたものは経験がないものでも見よう見まねと知恵で作った。
図面は俺も書いたが大概設計屋に任せた。
客先要望を設計屋に伝え図面を書いてもらう。それは製作図面まで任せ俺の町工場で作る。
いくら専門の設計屋が図面を書こうがうまくいかない場合もある。
それでも試行錯誤と気力そして体力で何とか凌いだ。

客先既設のコピー品の製作依頼も結構あった。
もちろん見よう見まねで作って取り付けた。

長い間とにかく忙しかった。残業、休日出勤はしょっちゅうで職人は交代で休ませたが
俺は1月1日の元旦だけ休日の一年もあった。
今では考えられないが周りも儲かっている会社はどこもそうだった。

ただ職人の扱い気苦労は絶えなった。無断欠勤はざらでいつの間にか来なくなる。
頑固な上に気が荒い。すぐに腹を立てる。威張る。教えない。無愛想。
他の職人と仲良くしない。喧嘩ばかりする。
俺は職人をいつも怒鳴り無理強いをする。そうでもしないとてこでも動かない。
工場そして現場でも烈火のごとく怒りそして怒鳴るのが俺に課せられた使命であり
それこそが町工場の親父の仕事だった。
俺は気に入らないと無理やりやめさせる。あるいは職人が勝手にやめる。
それでも職安へ募集するとすぐに集まる。職人はその頃はたくさんいたのだろう。
募集で気に病むことがなかったのは唯一の救いだったと言える。

まあ、ベテラン職人が頑固で使いにくいのは相変わらずで今でも変わりがない。
皆が皆そうではないのだが。特に若い者に教える事がなかなできない。
自分らが教わった経験がなく先輩の腕を盗んで自分のものとしたのはよく分かる。
しかし、今の時代に通用するはずもない。自分の仕事がなくなるとでも思っているのだろうか。
先輩と後輩の関係とか、言葉使いが悪いとか文句ばかりつける。
苦労して身につけた腕の凄さは分かっている。それを伝承して欲しいだけなのだが。
昔はこうだった。昔はこんなではなかった。
よく分かっている。そんなこと。でも今いるのは現在ここにいるのはお前だ。
そんな意固地にならなくてもよいと思うのだが。
俺にもそんなところがあるからよく分かるし、人のことは言えないのかも知れないが。

社外での活動もかなり活発だった。
税務対策と接待とかこつけて毎日飲み歩いた時期もある。
客先、仕入先と毎日のように深夜まで繁華街を練り歩いた。
ゴルフもやった。1週間のうち2、3日はコースに出て日焼けで顔色は真っ黒だった。
それは俺から誘う場合もあるし客先からも誘われた。
打つ以外の遊びは何でもやった。女遊びで海外まで出掛けたことも何度もある。

接待の上賄賂はもちろん。お客の個人的な借金の肩代わりまでやったこともある。
俺は町工場の商売は技術、腕が重要なのはよく分かる。
しかし、それ以上に営業、付き合いが最も大切であると思っている。
確かに官庁相手だと犯罪になるが民間での接待、賄賂などどこもやっていたし商売を
長続きさせる上では必要不可欠だと信じ込んでいた。
それは今でも変わらず客先から要求される場合も多々ある。
今では儲けの具合によりやるやらないは決めてはいる。まあその人物にもよるが。

今となってはそれでも利益は出、日頃税務対策に頭を悩ませていた輝かしき時代だと
言えるだろう。。。




それでは又です。


 新ブログ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

 ホームページ「研森.COM」  
 ベルトコンベア式汚泥乾燥機
 
 
 コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
 ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

 いよいよ最新連続コンベア式汚泥乾燥機再乾燥テスト始めますかブログあるはず。
 人気blogランキング

2008.10.10by 博多の森と山ちゃん




[PR]
by moritoyamachan | 2008-10-10 19:38 | 乾燥機
<< 10月13日 いつもながらの若... 10月9日 攪拌装置。果たして... >>