2005年 03月 08日 ( 1 )

トロンメル式選別機の処理量を多くする方法です。

c0056840_1837647.jpg

写真は、トロンメル式選別機の内部の写真です。

トロンメル(回転)式選別機は外径が大きければ、
そして長さが長ければ長いほど 選別能力はよくなります。

しかし、現状お使いのトロンメル式選別機の能力を
アップする方法として下記があります。

1.邪魔板を取り付ける。
  邪魔板が処理物をなるべく上の方角へ押し上げ
  選別する距離が長くなります。
  また、処理物によっては、物の角が取れ、丸くなり
  そのためにつける場合もあります。
 
2.正転、逆転回転させる。
  タイマーで時間設定すれば、自動的に正逆運転します。
  処理物の滞留時間を長く取れます。

 
他の機能アップ
1.スクリュウ状の羽根を取り付ける。
  トロンメルの次の機器の処理能力を考慮し、
  ある程度、定量性を持たせる場合に取り付けます。
  これは、別効果として比重の軽い物の素通り(選別しないまま通る)
  現象がある程度解決します。


 ホームページ 研森.COM
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

 2005.3.8 by 町工場の親父のスーパー息子

 
[PR]
by moritoyamachan | 2005-03-08 18:42 | 選別機のトラブル