2005年 03月 11日 ( 1 )

振動機器の停止時の大きな揺れを止めるには。

振動コンベア、振動フィーダそして振動ふるいと振動を利用した機器で
振動モーター使用した場合、停止時に必ず共振点を通ります。

その場合、とても大きな揺れとなります。

この大きな揺れにより、他の機器に接触したり又、機器そのものにも
あまり良いことではありません。

その場合、振動モーターの電流値より大きな容量のインバータを
使用するのも一つの手段です。

インバータで停止の減速時間を短縮し、ブレーキをかけるように設定すれば
大きな揺れもなく停止することが可能です。

必ず、振動モーターの電流値より大きな容量のインバータを使用します。
インバータで減速させるのに、一時的にかなり大きな電流が流れるからです。

この方法は、考えてみると汎用モータ仕様の場合も利用でるはずです。

実は今内容はお客様より教えていただきました。
感謝しております。

又、我がメルマガにもすでに記載した内容です。

そのメルマガ今週号は明日何とか発行したいと思っております。
なかなか時間が取れません。本当です。

 ホームページ 研森.COM 
 メルマガ 「もう悩みません。コンベア・産業機械」

2005.3.11 by 町工場の親父のスーパー息子
[PR]
by moritoyamachan | 2005-03-11 20:01 | 選別機のトラブル