2005年 03月 22日 ( 1 )

樹脂コンベアベルトの構造について・・・・・地震お見舞いのお礼


 樹脂コンベアベルトの構造について

 樹脂ベルトも昨日書いた黒ゴムコンベアベルトとほぼ同様の
 構造です。

 中の芯体をカバーゴムではさんであります。
 速度が速いと静電気を発生する場合があるためカーボンを
 はさんである場合もあります。
  
 但し、コンベアの強さの表現には「許容張力」という言葉を使います。
 単位は黒ベルト同様「N/mm」で表現します。

 黒ゴムベルトの「強力」と同じ意味合いと思われます。

 何故、樹脂ベルトと黒ゴムベルトでは呼び方が違うかは
 分かりません。

 樹脂ベルトは一般的に軽量物搬送に使用します。
 とにかく樹脂ベルトは種類が豊富です。
 
 食品が裸搬送できるベルトも多数あります。

 私は、樹脂ベルトの選定には必ずベルトメーカーにアドバイス
 頂きます。  

 強度は一般的には黒ゴムベルトより劣りますが、樹脂ベルトでしか
 対応できない場合も多数あります。

 ベルト厚みも1mm満たないベルトから厚くても5mm程度とかなり薄く
 作られています。

 ベルトの厚みが薄いため、プーリー径が小さくて済みベルトコンベアの
 フレーム等 全体の構造が黒ゴムベルトのように頑丈にする
 必要がありません。

 但し、価格は黒ゴムベルトと比較すると張力の割には高く感じるかも
 知れません。

  
 話は変わりますが、本日地震のお見舞いのご連絡を
 多数頂ました。感謝致します。

次に続く
[PR]
by moritoyamachan | 2005-03-22 19:51 | ベルトコンベア