2005年 03月 23日 ( 1 )

コンベアベルトとプーリー径は密接な関係があります。


ベルトコンベアの使用する、黒ゴムベルト及び樹脂ベルトは
種類が豊富で色々な用途で活躍しております。

ベルトコンベアにはプーリーが必ず必要であり
また、そのプーリーの外径はコンベアベルトと密接な関係が
あります。

(プーリーの詳細内容について、以前に今ブログでまとめております。)


まず、黒ゴムベルトと樹脂ベルトを比較すると
黒ゴムベルトはプーリー径大きく、樹脂ベルトは小さくなります。

次に厚みで比較すると
ベルトは一般的に強力、張力が強ければ強いほどベルトが
厚くなりますが、それに伴いプーリー外径を大きくする必要があります。

ベルトはあまり屈折、曲げるとベルトを接続している部分(エンドレス部分)
が外れるあるいは剥がれる現象がおきます。
あるいは、ヘッドプーリー部分で空回りし、ベルトがスリップします。

最もベルトが屈折するのは、ヘッド、テールあるはテンション部の
プーリーを回る際です。

そのプーリー径が大きければ大きいほど屈折率が小さくなります。

一般的にベルトの強力、張力が強いほどプーリー径を大きくします。

私は、ベルトメーカーにベルト選定の際必ず推奨プーリー径を確認します。

導入後、ベルトの強度が足りなかったとしてむやみにコンベアベルトを
取り替えるのはよくありません。
現状のベルトコンベアのプーリー径が小さいと、やはりエンドレス部分が
はがれたり、あるいはスリップします。

コンベアベルトとプーリー径は密接な関係があります。



話は変わりますが、

我が町 福岡の余震は次第におさまってきたように思えます。
但し、全くなくなったわけではありません。

大雨注意報が出されていたのですが、今現在外を眺めると
雲は多いのですが青空になっています。

まだまだ、気象庁は大きな地震が起きる可能性があると報道していますが
このまま余震、地震が一刻も早くなくなって欲しい心境です。

どうも揺れに対して敏感になっているようです。


 ホームページ「研森.COM」
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

 2005.3.23 by 町工場の親父のスーパー息子
[PR]
by moritoyamachan | 2005-03-23 18:03 | コンベアのトラブル