<   2006年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

5月28日 やはり日曜日は。


今日は日曜日だ。
しかし、私にとってはいつもと全く変わりのない日。

朝起きるとべランダへ出、そして大きく深呼吸。
上を見上げると空を灰色の雲が覆っている。
しかしながら太陽からの光の恵みは我が視覚を刺激する。
既に太陽は目覚めていた。

今日もいつものごとくいつもの時間に家を出て、会社へ向かう。
自転車で颯爽と風を切る。
ペダルを踏みながら風の過ぎ行く音に耳を傾ける。

平日と比べるともちろん人通りは少ない。
より一層風の音が私の脳細胞を刺激する。
う~ん。心地よい。

間もなく。
鳥のささやかな泣き声が耳に届く。
チュンチュンと決して大きくない生物の音が私の耳元に安らぎを運んでくる。
その安らぎが私をより一層幸せな気分へといざなう。
う~ん。やはり心地良い。


そして、季節は既に春を過ぎつつあるのか、まぶしいばかりに輝く緑は
私にささやく。



「今日もあんたは仕事な~」っと。

う~ん。

今日はこの辺で。
シャイな私はシャイなら。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-28 18:45 | この世にある考え

5月27日 このくらいは。


気配を感じた。
ほんの一瞬ではある。
後ろを振り向く。
しかし、誰もいない。
それはそうだ。この事務所で今現在仕事をしているのは私一人。
私以外誰もいない事務所だ。

しかしだ。何かしら一瞬私は確かに感じた。
それは人の気配のようであった。

もう一度。後ろを振り返る。
やはり誰もいない。
そして周りの様子も何ら先程とは変化がない。

では一体。。。。。。。。





本日もベルトコンベア式塗装汚泥乾燥機のページ更新しております。

へへ~んだっ。!!

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-27 21:07 | この世にある考え

5月26日 いよいよベルトコンベア式塗装汚泥乾燥機のホームページを掲載しましたぞ。


長きに渡る苦労の上、何とか開発成功したベルトコンベア式塗装汚泥乾燥機

そのページがいよいよネット界へ進出だ~。

この製品に携わった数多くの人々が流した血と汗の量を振り返れば遅きに失した
感が強い。

日頃の忙しさなど言い訳に過ぎない。

全くの別ドメインで作成。そして数ページある。
それでも本来の弊社のホームページと一体化はさせてある。
毎度の長文である事は嘘偽りはなく一目瞭然だ。
但し、全て完成ではない。

これからももうひと踏ん張りもふた踏ん張りも重ねるつもりだ。

そしてこのブログの将来はCSSによる物理における「超ひも理論」のように
大統合を考えるのも一案だ。

ベルトコンベア式塗装汚泥乾燥機のページはここをクリック。

本日はここまでとしたい。

シャイな私はシャイなら。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-26 18:13 | 乾燥機

5月25日 スクリュウ、スパイラルの羽根の製作方法には大きく分けて2種類があると思えるのだが。


最近。このブログ。
本来のものづくりブログより大きく逸脱しているようにしか思えない。
自分自身がそう気づいているのであれば当然このブログの読者も感じているはずだ。

我が社でつくる製品。
一品料理が殆どだ。
お客様から注文を頂き、じっくりと相談した上内容の決定。
設計、製作そして組立、据付となる。
そしてその後のメンテナンス、修理も行う。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-25 15:07 | スクリュウコンベア

5月24日 地道に決して目立つことなく半歩そして一歩ずつほんの少しでも前へ歩いているのなら。幸せっ。


あっといけないわ。
題名を書く欄から今日の更新記事を書いていたわ。
実は慌てていたのね。

前へ進むのは半歩でそして自己満足で十分と書いているくせに。
それが幸せだと書いているくせに。心豊かにしないっと。
今現在が幸せで、過去も未来も幸福なのよ。

自分が幸せと思えば幸せなの。
あ~っ。もしかして自分は違うなんて思っているんじゃないの~。

そんなあなた。もしかして人に役に立つ事していないんじゃないの。

人に役に立つことすると大変嬉しくて心が豊かになるのよ。

その上、人の役に立つと何と有難うってお礼まで言われちゃうのよ。
こんなに幸せな事ってないでしょう。

この行為を「徳」って言うんだから。
よおく覚えておきなさいよ~。
この「徳」って実は人間にとってとっても大切なことなんだから。
決してこれは「得」と違うから勘違いしないでよ。
いいわね。
「徳」をもし「得」と捉えているんだったとっとと出直して来なさい。
そんな人私かまってられないんだから~。


大昔のお話ちょっと書くわね~。

あの偉~い紀元前の物理学者とも言われた3大宗教家のお釈迦さんのお話よ。
自分のお弟子さんに托鉢の修行に出す際のお話よ~。

お釈迦さんは弟子に言うのよ。
「托鉢は必ず貧乏な人の家に行きなさい。」って。
でもお弟子さんたちは不思議に思ったの。
「貧乏な人からお金を取るなんてひどいことじゃないんですか。」って言ったのよ。
普通そうよね。誰しもそう思うんじゃないかしら。

ところがお釈迦さんはこう言ったのよ。
「徳を積んでいないから貧乏なんだ。
先ずはお金を渡すという徳を積ませるんだ。
人の役に立つことをやってもらいなさい。
そしてお金を渡した人はお礼を言われて幸せ気分になれる。」って。

細かいところは違うかもしれないけど大まかは正解なはずよ~。

みんな~。どう思う。
やっぱり日頃徳を積まないと。

どうせ死ぬ時はなあんにも持っていけないんだから~。
もちろんお金なんて持って行けないし~。ビル、土地、株、機械、工場そして
友人、愛する人。名誉。地位。
みんな持っていけないんだから~。

だから生きているうちに存分に人の役に立って嬉しさを味わうのよ~。

みんな~。どんどん有難うって言われるようになろうね~っ。
私からのお願いよ~。


ところで私って綺麗かしらあ~ん。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂ければ嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-24 21:03 | この世にある考え

5月23日 書くのに時間が。


今日はオーラとカリスマの関係の議題の続き。

前回この内容については何故かアインシュタインの相対性理論の前触れなど
書いてしまった。
この天才の理論は物理学の歴史を塗り替えた内容だけに私には到底理解不可能だ。

しかしだ。
前回はあまりにも抽象的であったはずだ。
つまり私の理解度はあの程度であったとも言える。

そんな頭しか持っていない私が、何ともう一度相対性理論について他の理論とからめて
書こうなど密かに思ったりしたりして~。ですばい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けた嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-23 21:11 | この世にある考え

5月22日 特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機の開発成功に至るまで。第8話。


仏教の経典である「般若心経」。大乗仏教かな?
その「般若心経」のなかに「色即是空」という文言がある。

これは「色はすなわちこれ空」ということでしょうか。
この内容は物理で言えばその通りで、空間は物の運動の場であるが
人間は光がないと見えない。
その光には色があるのだ。
一般に光とは人間の目で認識できる可視光線のことをさすが、この光には色がある。

光とは電磁波でありその波の大きさつまり力の大きさにより七色に表現できる。
電磁波については後日詳しく取り上げたい。

つまりその通りなのである。
空間には必ず人間にとって光という色が目に見えるのだ。

ついでにもう一点。
仏教に悟りの境地を表現した図に曼荼羅(まんだら)がある。
物とは何かを追求していくとその曼荼羅と同じような構造をしているのが
判明する。

仏教の「色即是空」そして曼荼羅は紀元前にして既に物とは何かをある程度
把握していた事になる。

そうなると、3大世界宗教家の一人である仏教を開いた釈迦は偉大なる
物理学者でもあったといえるのだ。

そしてこれは私の言葉ではなくある物理学者の言葉である事を書いておくのだ~。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂ければ嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-22 21:26 | 乾燥機

5月21日 本日は誰も読んでいないであろう日曜日。ちょいとこの世にある私の考えを。


本日は静かである。
日曜日という雰囲気である空間という物質の運動の場が、静けさを私に与える。
静けさとは自分自身に聞こえる可聴周波数という音波の音色が少ないという事だ。
つまり人間には聞ける範囲は限られており、可聴周波数以上の波を超音波といい
そして可聴周波数以下を超低周波音と呼ぶ。

音には3大要素が存在しそれは
1.高さ
2.強さ
3.音色である。
では3の音色とは。それは音波の波の形の違いという事になる。

この3要素の違いで人により心地よい場合もあれば、不快と感じることがある。

では音楽とは。
それはある一定のリズム、メロディにより音を発生させる事になるであろうか。
それでは、ツキを呼び込むというテンポは、惑星である月のテンポであると片岡慎介氏は
唱えている。

実は今現在私は、その片岡氏の魔法のテンポを聞きながらこのブログの記事を書いている。

しかし実際は「早う図面描き仕事せんかいっ~!!」
という音波を月の魔法のテンポは私に訴えているようだ。

これは果たして心地良いのであろうか。それとも不快と感じさせているのであろうか。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-21 15:14 | この世にある考え

5月20日 特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機の開発成功に至るまで。第7話。


雰囲気、オーラとカリスマとの関係の議題。
宣言だけ行い、全く進んでいない。
今日こそはと思うのだが。
これは一応連載記事にするつもりだ。

今現在は特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機の連載を書き続けている。

実はご存知の方はよくご存知なのだが、過去全く別の内容での連載物を
書いたことがある。
この内容については、実は連載するつもりなどあまりなかったのだが
いつも間にか何日も書き続けた。
その題名は「お多福団長物語」。
これは私の大昔の大学の応援団時代の様子を書き綴ったのものだ。

今現在連載しているコンベア式乾燥機の内容もそうであるが、過去を思い出しながら
書くのはかなり時間がかかる。
例えば今日の出来事を即座に記すのであれば、ある程度頭に鮮明に覚えているので
書きやすい。
ところが過去の出来事は、先ず思い出す作業が必要になりそして自分なりに確かめる
必要がでてくる。
私の本業はあくまでもものづくりだ。
ブログを書くことではない。
本業に差し支えることになるのであれば当然辞める。
私は突然やめた。
それは本業がいよいよ忙しくなりブログの更新さえも大変な状況であったからだ。

しかしだ。過去の連載物の「お多福団長物語」にリクエストが今だにある。
私としては忘れ去ってほしいと密かに願っていたのだが。
そしてある人物など私に会うたびに必ず言う。
「副団長物。今日からもう一度連載開始ですか。」と。

この連載物は実に大変なのだ。
毎日思い出しながら一文字一文字書いて行かねばならない。

しかしだ。実は密かに他の隠しブログで更新していたりしているかも。
そんなことはないと一応書いておく。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂ければ嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-20 21:23 | 乾燥機

5月19日 特許出願済みベルトコンベア式汚泥乾燥機の開発成功に至るまで。第6話。


昨日よりちょいと書き出した雰囲気、オーラとカリスマの関係についての議題。

何と早々にしてこの議題について取り上げて頂いた人物がおられる。
この世にないものづくり愛好会会長である博多のたけちゃん。
自分のブログで本業であるジュエリー作りでのオーラの漂うデザイン作りの
宣言をされている。
ジュエリーのカリスマといわれる日は間近に違いない。

そして何と同郷福岡でものづくりされている時の旅人Mt.Sunさんには、ベルトコンベア式
汚泥乾燥機の連載について紹介していただいているのです。

お二方。感謝にたえんとですっ。!!

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2006-05-19 21:20 | 乾燥機