<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

6月28日 苦楽。。。



うまく事が運ぶと何故かしら慄く(おののく)。
常日頃成功こそが問到着点とばかりに我が身を懸命に差し出しているはずだ。
実際、滑らかにそして麗しく物事が進み、ついぞ安堵の心地に至る喜びの感情の
奥底では密かなる心配、不安が顔を出し始める。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-28 20:56 | 体調は絶好調

6月20日 販売。。。



やはりこの方は現地へと自分の足で通い、そして自分の耳で直に聞いている。
決して机上の空論ではない。
本日の日刊工業新聞に書かれた内容でさらに確信する。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-20 21:09 | この世にある考え

6月19日 有難う御座居ます。。。



常にお客様の要望にあわせ考えそして対応する。
それは何も自社のみの力で行うのではない。
その分野、専門分野での卓越した企業の力を借りるのは日常茶飯事だ。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-19 21:01 | この世にある考え

6月18日 欲。。。



同時にこなすことなどできるはもない。
ひとつひとつ着実に終わらせ、そして次へと進む。
それは如何に周りから叱責を浴びようが非難を浴びようが一歩一歩静かに
冷静に進むだけだ。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-18 20:51 | この世にある考え

6月17日 オゾンと図面描き。。。


南極の氷が溶けると海面が上昇する理由が今だに判らない。
水を入れたコップに氷を入れる。
この際、氷が溶けたとしてもコップから決して水は溢れない。

では海水だからか。
陸地と海水の比重の関係によるものか。
もしかすると南極の氷は名前だけで実際は他のものなのだろうか。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-17 23:59 | この世にある考え

6月16日 振動コンベアとお土産。。。



私は一目見ただけで興味をそそられる。
心は動揺した。
過去この方法は自分の目で眺めたことがない。

破砕後処理物を搬送中に磁選ベルトコンベアで鉄分を除去する場合
その搬送機器は黒ゴムベルトコンベアを設置する方法が通常見知っているし、
弊社も行っている遣り方だ。
しかし、私が目にしたのは振動コンベアでの搬送中に磁選を行っていた。
振動コンベアの振動体のトラフの高さを低くし磁選コンベアを横渡しする。
振動での搬送のため搬送物は均等に広がりしかも搬送厚みは薄い。
コンベア搬送中の磁選方法としては絶好の方法だ。
目を凝らししばらくの時間眺める。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-16 23:59 | 振動コンベア

6月13日 ウレタンローラーと雨。。。



今回は金属芯に樹脂を巻き付けるのではなく、ウレタンの丸棒そのものを加工する。
ブッシュを両端にプレスにて圧入することにより完成。
もちろん柔らかいウレタンの旋盤加工は苦労する。



2007.6.13%281%29.jpg



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-13 23:59 | 産業機械の内容

6月12日 封筒。。。



今日は封筒は返却されなかった。
手許に戻らなかった事は過去一度たりともない。
担当者が変わったせいだろうか。
今回は「封筒は持って帰ってもよい。」との発言はついぞ私の耳には伝わらなかった。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-12 21:29 | この世にある考え

6月11日 コーティング剤と夢うつつ。。。



高温対策に頭を悩ます。
ついぞ行き当たる。
日頃付き合いのある方に教えて頂き、直接電話を掛けた。
液体セラミックのコーティング剤。水性、無機質。
コーティング剤とは言っても塗布方法はそんなに難しくはない。
下地にケレンを施し塗装後、高温で乾燥させるだけ。自然乾燥はあまり効果がない。
耐熱温度は約2000℃。鉄、非鉄金属の高温酸化を防止できる。
実際、大手製鉄、電力会社での実績がある。
反射性があるため、炉内のキャンバス、耐火煉瓦の劣化防止にも使われている。
値段は少々高いが、長い目で見ればかえって安く付く。
後は実際に使用し、腑に落とすだけだ。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-11 21:41 | 体調は絶好調

6月9日 ベルヌーイの定理は腑に落ちるのか。。。



ファンに関する製品、送風機あるいは熱風発生機等の機種を選定する場合
最も重要な要素は風量と静圧だ。改めて書くまでもないのだが。
このふたつの要素から流速、風速あるいは搬送速度を導き出す。

この流体の速度から圧力との関係を詳しく比較検討する場合が多々ある。
例えば送風機とコンプレサーから発生される圧縮空気との比較。
用途に圧力が必要なのか。あるいは風量が必要なのか。
使用電力は如何なものか。
コンプレッサーは電力数が大きくなりがちな上、メンテナンス費用が掛かる。
なるべく送風機、ファンを使用したいがより圧力が必要であればやはり
圧縮空気使用せねばならない等。

常日頃、何も詰まっていない頭を悩ませる。



新ブログはこちらをクリックされて下さい。

次にまだ続くとです。続きを読んで頂けたら嬉しいんです。
[PR]
by moritoyamachan | 2007-06-09 21:21 | 科学