人気ブログランキング |

11月8日 お陰さまでスクリュウコンベアの羽根が。


弊社はスクリュウコンベアも主力製品の一つだ。

そしてそのスクリュウコンベアの羽根のみの製作販売もしている。
今ブログでも今年2005年2月23日に羽根のみ製作販売を始めた記事を書いた。

お陰さまで最近になって引き合いが活発な上、実際にご注文も頂いている。
有難う御座います。

なかには、スクリュウの羽根の展開の計算方法を教えてくれとのお問い合わせも頂く。
しかし、これは企業ノウハウだ。
羽根の厚みの違いだけでも計算方法が異なる。
長年の経験のノウハウの積み重ねだ。
申し訳ありませんが、これだけは教えるわけにはいかないんです。

スクリュウコンベア本体はもちろん羽根のみの製作販売も行っております。
下記内容先ずはお問い合わせ下さい。
即座に回答させて頂きます。

スクリュウの羽根のみについてお問い合わせの際は下記内容を
御面倒ですが明記願います。

 1.外径
 2.内径
 3.ピッチ
 4.材質
 5.枚数
 6.巻き方向(右巻きと左巻きがあります。)


お問合せ先はこちらからお願いします。

研森.COM内お問い合わせ こちらをクリック
お電話   092-411-1203
ファックス  092-411-1259
研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
担当:森山他誰でも
 
お気軽にご連絡下さい。




コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」


各種コンベア・コンベヤ・産業機械、機器に関する事お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせについてはこちらをクリックされて下さい。






--------------

本日の我らが職人の様子です。
納期がないスクリュウコンベアも製作しております。
そして今日はスクリュウコンベアの羽根を製作していました。
厚み9mm、外径450mmでスクリュウでも大きな部類に入ります。
試しに羽根一枚取り付けた様子です。
本日も我らが職人は愛と魂を込め力の限り物作りに励んでいます。

c0056840_1953916.jpg

c0056840_1954787.jpg

c0056840_1955426.jpg

c0056840_196290.jpg

c0056840_19699.jpg




--------------




それでは誰も期待していない「屁の河童お多福団長物語」前回の続きを書きます。
もしお暇があれば最後まで読んでくださいませ。
飽きた場合はお気軽にコメントにでも。

全て事実を書いています。但し若干誇張はありますが。

それでは前回の後半の抜粋から。




どのくらい時間がたったであろう。

その歌とは決していえない雄たけびがある2回生で終了すると、
他の2回生が口を開いた。
「ようし。もう歌は覚えたろうもん。」
「これで昼休みの練習は終わりたい。」

「次は4時40分集合な。」「それまでには復習してよく覚えとくように。」
「4時40分の全体練習の時は応援歌歌うけんな。いいや~。」

1回生。訳も分からず皆「オ~ス。」と言う返事。

2回生。「それでは解散。4時40分遅れるなよ。」

1回生は最後に「オ~ス」と言う返事とともに素早くその場を立ち去り階段を
駆け下りるのである。
走らなくてもよいのに。
誰も指示された訳でもないのに、手には応援歌の歌詞が書いてあるパンフレットを
握り締め階段を一気に皆駆け下りるのである。

一体1回生はどこへ行こうというのか。
それはまるでで先程まで丁寧に応援歌を教えて頂いた2回生から一刻も早く
離れたいかのように。

これで昼休みの練習は終わりだ。
この日はまだ全体練習が待ち受けている。
応援団全体練習3日目。
一体何が起ころうとしているのか。



------------

それでは前回の続きです。

-------------


私は昼休みの練習後一体何をやっていたのか全く記憶がない。
どう行動していたのか覚えていない。

いや、覚えていた事があった。
いや、覚えようとしていた事があった。
それだけは記憶していた。

それは応援歌の歌詞が書いてあるパンフレットを眺めていた事だ。
必死の形相でそのパンフレットの歌詞を見つめていたはずだ。
しかし、全く音程リズムは分からない。

ただそのパンフレットに書いてある文字を覚えていたのだ。
リズムがない歌の歌詞を覚える事は予想以上に難しい。
その困難なことを象牙の塔である大学へ入学した3日目にやっていたことになる。


そしてパンフレットを片手に、そしてジャージが入ったバックを片手にこの日の夕方も
走っていた。
それも全力疾走だ。
走っていると周りから激しい息遣いが聞こえてくる。
その人物が誰であるか確認しなくても既に分かるようになっていた。
そうだ多分応援団員だ。

集合時刻4時40分をひたすら目指し、あの応援団室に向かって全速力で走っていく。

そして本日2回目の団室へ入る。
ドアを壊れんばかりに叩きそして入室の挨拶。
ダンダン。
「1回生森山は入りま~す。」「オ~ス。」
その団室が入っている建物全体に聞こえるような叫び声出して入いる。

親衛隊(3回生)、2回生そして奴隷の1回生。
皆ジャージに着替え、全員集合の上整列。
3日目ににて又1回生の人数が減っているような気がした。

神様である4回生。その中の天然パーマのリーダー長が口を開く。
「1号館屋上集合。」
皆、「オース。」という返事。
その返事をするとすかさず1回生は自分の持つべき物を手にすると皆
「オ~ス」という返事とともに団室を後にする。
そして走る。ひたすら走る。

先ず最初に団室を出た親衛隊を追い抜きそして2回生に追いつく。
その2回生とともに1号館屋上に到着する。

そして1回生皆、自分達の持ち物を決められた場所におくと隊列を組むべき場所へ行き立つ。そして応援団の立ち姿で構えて立つ。
その様子は逐次2回生が監視する。

先ず1回生が肩幅で両足で立ち両腕を後ろにやり両手を組みそしてなるだけ上へ上げる。
腕を組む角度が90°。
後ろに2回生が回りその角度を眺め修正していく。

それが終わると、その1回生の前に立つ。応援団立ち姿で横一列に並ぶ。

そして待つ。一言も話しをせず待つ。

親衛隊登場。
すかさず1回生そして2回生「オ~ス」と応援団挨拶。

そしてその親衛隊は2回生の前に横一列に並ぶ。

太鼓を叩く2回生の一人はは右斜め前に置かれた太鼓の前に立つ。
団旗を持つ親衛隊の一人は左斜め前に腕を組み立つ。

そして待つ。静かに待つ。
聞こえるのは風の音。そしてからすの声。そのくらいだ。


そして現れる。いよいよ登場だ。
神様である4回生の登場だ。

親衛隊以下皆雄たけびの歓迎の挨拶を行う。
「オ~ス」と。

いよいよ本日も練習の開始だ。
さあいよいよだ。一体本日は何があるのか。
一体私そして私達はどんな目に遭うのか。
期待など一切ない。
ただあるのは恐怖と不安だけだ。

震える心を抑えてひたすら立っていた。

そしてその静かな空間を破る叫び声。
天然パーマのいかついリーダー長が口を開く。
「団旗組めい。」と。

そうすると2回生2人は団旗そしてポールを手に取ると団旗を揚げるべく親衛隊の
旗手の前で団旗を組み始めた。
見事な腕さばきで短い時間で組み終えた。
そして。
「団旗上げい。」というリーダー長の掛け声とともに上空の大空に向かって団旗は
広がった。
その団旗が上げる動作とともに太鼓が高鳴る。
「ダダダダダダダダダ!!」

団旗を組んだ2回生2人は「オ~ス」と応援団挨拶後、元の位置に戻った。
又最初の隊列に戻る。

そしてリーダー長が口を開いた。
「団長。校歌を。」

いよいよあの神様の長であるうっすらと鼻の下に髭を生やした団長の登場だ。
ゆっくりと大またで歩み進んでいく。
そして、隊列を組んでいる皆の中心の前に出ると大きく足を広げ、背中を伸ばしたまま
頭を下げた。
そして団長の次の動作が始まった瞬間。


親衛隊そして2回生は両足を閉じ、
右手を右斜め45°の角度で指を伸ばしたまま下げ左手は90°の角度で腰に当てた。


あっ。しまった。
ほんの一瞬の出来事だった。
いかん。不覚だ。
私は一瞬のうちに体が凍りつくのが分かった。
多分顔色は青覚めていたに違いない。

そうだ忘れていたのだ。
昨日教えられていた動作を。
実は1回生皆この動作にはついていけなかったようだ。
私は必死に遅れながらも親衛隊、そして2回生と同じ姿勢をとった。

しかし、もう遅い。
そうだ。既に時は流れている。

すかさずリーダー長の叫び声。
「こら~。1回生はな~んしよっとや~。」
「昨日教えたとにもう忘れたとや~。」と。

その雄たけびに1回生は黙っていた。
その叫び声の恐怖におののいていた。

ところが続いて又リーダー長の叫び声。
「こら~。1回生。お詫びの言葉は~。」
「失礼しました言わないかんとたい。昨日2回生に教えてもらわんやったとや~。」

その叫び声にすかさず2回生の叫び声。
「オ~ス。失礼しました。オス。」と。
それに連れて1回生もようやく雄たけびを上げる。
「オ~ス。失礼しました。オス。」と。





本日の練習の始まりはこの失礼しましたで始まったのであ~る。
果てさてこの後は一体何が待ち受けているのでしょうか。


今後もこの「屁の河童お多福団長物語」短めに末長~く続けて行こうかと。

飽きた場合はお気軽にコメントにでも。
そしてリクエストも宜しくですばい。


それでは又です。


読読破中。
「図解・わかる相対性理論」池田和義著
この作者の独自の理論で特殊相対性理論を説明している。
一つの確立した定義のようだ。
しかし、私には一向に理解できていない。
図がなおさら私には分からないのだが。
しかし、この図が理解できるならば特殊相対性理論はかなり詳しく理解ができる
のではないであろうか。
そう言える立場には立ち得ないが。



 ホームページ「研森.COM」
  
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

  

 本当に皆様有難う御座います。
 スクリュウコンベアそしてスクリュウの羽根ブログあるかな?
 人気blogランキング

  

 我が町九州は福岡博多も朝晩は冷え込むようになりました。
 これからの季節、ママチャリ通勤には最適の季節到来です。
 毎日の通勤が楽しくてしようがありません。と書いておきます。

 2005.11.8by 町工場の親父のスーパー息子

 研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
 福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
 担当:森山他誰でも
 コンベア、コンベヤ、選別機他産業機械機器全般。
 設計から製作、組立、据付及び修理、メンテナンスまで一環して行っている
 小さな町工場です。
 福岡空港そして博多駅の近くで交通の便は良いところです。
 いつもニタニタ笑顔でお待ちしてます。
 TEL092-411-1203
 FAX092-411-1259
 e-mail:info@kenmori.com
 スカイプID:supason(スカイプは日中接続目指しています。)
 
☆☆私たちの物作りで皆様の幸せ作りができれば幸いです。☆☆
by moritoyamachan | 2005-11-08 20:34 | スクリュウコンベア
<< 11月9日 黒ゴムベルトコンベ... 11月7日 この世にないベルト... >>