11月11日 コンベアベルトから付着物を無理やりはがし取るベルトクリーナには大きく2種類があります。


この世にには「指導力」という言葉がある。
そして指導をする人間がいるのであれば、当然指導される立場の人間もいる。

そして、その指導力についてはたくさんの書籍が出版されている。
世の中は絶大な指導者を待ち望んでいるのだとも言う。

しかし、指導する側があれば指導される側がある。
そうなると「指導される側の力」についての本があってもよいはずだが。

この世には果たしてあるのだろうか。私は耳にしない。

しかし、あの日本一のお金持ち斉藤一人さんは、優秀な指導される側の力について
きちんと説明されていたのだ~。




-------------

昨日黒ゴムベルトコンベアでコンベアベルトへ搬送物が付着すると様々な問題を
引き起こすと書きました。
そしてその対策として
1.コンベアベルトに物が付着しない剥離性の良いベルトを選定する。
2.ベルトから無理やり物をはがし落とすベルトクリーナを使用する。
と書きました。

1.の剥離性の良いコンベアベルトは実際に存在し、弊社でも使用します。

そして2.のベルトクリーナについてです。
1.取り付け場所
  ヘッドプーリーの付近。ベルトコンベア搬送の最も先頭のプーリー(ローラー)付近です。
  他の箇所へ取り付ける場合もあります。
2.クリーナの構造
  最も一般的なクリーナの構造です。
  ベルトより掻き取る部分には超硬合金チップがされそのチップは弾力のあるゴム製の
  クッションに取り付いています。
  このクッションがクリーナにかかる抵抗を全て吸収するためコンベアベルトを損傷する
  ことはありません。
3.クリーナの特色
  超硬合金はベルト幅に対していくつかに分割されているため、ベルト表面のへこみそして
  脹らみに柔軟に対応します。
  そして、チップ部分のみ取替が可能です。
  そのため掻き取る部分の超硬合金が消耗してもその部分だけ取替可能で
  メンテナンス費用がかかりません。

下記にベルトクリーナの写真そして図を掲載します。
下記がクリーナの代表的な2種類になります。
取り付け位置の違いにより構造も異なります。


c0056840_19213485.jpg

c0056840_19214231.jpg







コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」


各種コンベア・コンベヤ・産業機械、機器に関する事お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせについてはこちらをクリックされて下さい。





---------



本日の我らが職人の様子です。
いよいよ、あのこの世にないステンレススチールベルトコンベア式乾燥機の解体を
始めました。
組立後解体するのは今回が2回目です。
そして再度改良を加えます。
しかしもう既に山の8分目まで登っています。
後は一気に山頂を目指すだけです。
 
c0056840_19272211.jpg

c0056840_1927314.jpg

c0056840_19273987.jpg

c0056840_19274669.jpg

c0056840_19275370.jpg



只今いくつも物件を同時進行させています。
下記写真はスクリュウコンベアのトラフ(ケーシング)を製作している様子です。
全長は8M近くあります。
厚みも厚いのでこれだけでもかなりの重量です。
そしてこのトラフには投入用のホッパーも取り付ける必要があります。
c0056840_19324565.jpg

c0056840_19325640.jpg

c0056840_1933366.jpg



汎用旋盤。今日も一日中回っていました。
その回転を目で追っていると目が回ります。
これを当たり前の現象と言います。
c0056840_19331322.jpg

c0056840_19332293.jpg



我らが営業マンも本日は職人へと変身していました。
但し、手に持ったハンマーで決して私の石頭を割ろうとしている訳ではありません。
しかし、これは当たり前の現象とは言わないかもしれません。
c0056840_19333022.jpg



これはこのブログで毎日のように掲載する半自動CO2溶接の光の写真です。
c0056840_19333786.jpg




たまには溶接以外の光も掲載しないと。
これはエアープラズマでの鋼板の切断作業時の光の写真です。
c0056840_19334499.jpg



少々私の好みを書いておきます。
私のふところには常に隙間風が吹きそして首が回りません。
しかし光ものが大好きです。
ですから毎日光ものの写真を掲載しているのです。ばい。
これは当たり前の現象と言えるのでしょうか。






---------------




話を元に戻そう。

私は以前にもこのへな猪口ブログで書いた事があるが、目で読む読書以外の読書も
やっている。
ママチャリ通勤時。そして車の移動中等。
それは聞く読書だ。
CDに吹き込まれた内容を聞く読書なのだ。

最近、その中で斉藤一人さんの百回聞きテープのある一巻が大変面白かった。
そして大変興味を惹かれた。
その内容を今回は紹介したい。

詳細は是非、斉藤一人さんの百回聞きテープをお聞きください。



それは「指導される側の力」についてだ~。


-------

指導とは大変難しい。
そのため指導力については山ほど書籍が出ている。
指導される側の力の本はない。
そこで一人さんが自分自身でテープに吹き込んだ。


世の中指導力。指導力。そして優秀な指導力を持った人物と言う。

しかし、本当に困っているのは、指導される側の力のなさによることが多い。


注意しにくい人間がいる。注意されるとブスっと腹を立てる人間がいる。
人の注意には決して耳を傾けようとしない人がいる。

それとは逆に指導あるいは説教されると有難う御座いますときちんと受け入れる人がいる。
注意されると有難う御座います。これからも自分の至らなさをどんどん注意して下さいと
言う人物がいる。

どちらが人生うまくいくと思いますか。


指導力指導力というけれど優秀な指導される力が大事。

人間は指導する場合もあるが指導される場合がある。
人を指導する場合は凄く立派なことを言うけれど、指導される場合はブスっと怒る。
この人物はこれ以上磨かれない伸びない。

人間を磨く上で最も必要なことは指導される側の力を身につけること。
受け入れる力を磨かないと人生うまくいかない。

指導する側、人に説教する立場の人は誰も好んでやるわけではない。
人に注意するのは大変な事だ。嫌われる場合も多々ある。


しかし、指導される力をつける事によりお互いにくだらない指導をしなくてよくなる。
そして、言うほうも言われるほうも互いに有難うとお礼を言えば何の問題も起こらない。

指導されて「有難う御座います。いいこと聞きました。」と言うか。
それともブスッとして「何言ってんだ。この野郎。」と言うか。
逆に、指導する場合どちらに言いたくなるか。

指導される側の力。
「有難うございます。一度注意された位では直らないかもしれません。
気がついたなら何度でも注意して下さい。」と言えるか。

周りが見てても凄く指導される力がある。
周りが感心するくらいの指導される側の力。指導される力を身につけよう。

---------

その指導される力をつける事によりもっと人生幸福になれるはずだ~!!

皆さんはどう思われますか。?


あの期待されていない「屁の河童お多福団長物語」。明日には更新したかです。


それでは又です。


読破中。
「相対論対量子論」メンデル・サックス著、原田稔訳
3人の会話方式で物理学の存在自体を哲学的な思想から根本的な要素を絡めて
述べてある。
しかし、ある程度の知識があれば大変面白く読める。
先ずは量子の確率論が述べてある。
そして自然とは確立されているのか。されていないのか。
正と誤りとは存在するのか。
哲学的要素も含んでなるべく平易に書いてあると思われるが。



 ホームページ「研森.COM」
  
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」

  

 本当に皆様有難う御座います。
 うまい指導のされ方だな~ブログあるかな?
 人気blogランキング

  

 明日は我が社は現場工事。
 私も肉体労働だろう。
 多物件同時進行での図面書きで既に石頭は混乱し、岩頭へと変貌を遂げそうだ。

 2005.11.11by 町工場の親父のスーパー息子

 研機株式会社/株式会社森山工作所(工場)
 福岡県福岡市博多区上牟田3丁目9-7 〒812-0006
 担当:森山他誰でも
 コンベア、コンベヤ、選別機他産業機械機器全般。
 設計から製作、組立、据付及び修理、メンテナンスまで一環して行っている
 小さな町工場です。
 福岡空港そして博多駅の近くで交通の便は良いところです。
 いつもニタニタ笑顔でお待ちしてます。
 TEL092-411-1203
 FAX092-411-1259
 e-mail:info@kenmori.com
 スカイプID:supason(スカイプは日中接続目指しています。)
 
☆☆私たちの物作りで皆様の幸せ作りができれば幸いです。☆☆
[PR]
by moritoyamachan | 2005-11-11 20:34 | ベルトコンベア
<< 11月12日 今頃になって書く... 11月10日 黒ゴムベルトコン... >>