人気ブログランキング |

7月28日 クーロン力とひまわり


今回取り上げる内容はクーロン力。

これは全く同じ生物を作るクーロンではない。

それはクーロンという人物が解明した静電気の力だ。

静電気何ぞよく知ってるわいっ。!!


新ブログはこちらをご覧下さい。








静電気。

皆さん良くご存知の通り髪の毛に下敷きをあてこすると引っ付きあう。
これも静電気ですたい。

これは物体に電気が帯びたために起きる現象でして、この現象を帯「帯電」というとです。
これはもちろん電気ですので引き合う力(引力)と退け合う力(斥力)があるとです。

ご存知のように記号で表され+ -、あるいは正 負とも言われるですな。

では何故静電気が起こるとでしょうか。

物とは基本的には原子から成り立っとります。
そしてその原子とは原子核と電子で構成されとるとです。
その原子核は陽子、中性子で構成されとります。

実は原子とは電気を帯とるとです。
つまり物とは常に電気を帯とります。


その電気の帯び方ですが。

原子の中心にある原子核。
これは正の電気をもっているとです。
原子核を構成している陽子が+ 正の電気をもっています。
しかし、中性子は何ももっていません。

そしてその原子核の周りにある電子。
これは- 負の電気をもっているとです。

つまり原子は中性ですな。
+の電気をもつ陽子。そして-の電気をもつ電子。

+と-が存在しそして全くの同数で打ち消しあうとです。

そのもっている電気の個数は全くの同数ですたい。
その個数たるや実は大量でして。


それでは静電気。
実は摩擦によって起こる摩擦電気なのですばい。

どういうことかと書くと。

2つの物質をこすりあう。
こすれあうことにより物質がもっている電子が他の物質に乗り移る。
つまりこすれあう事により-の電気をもつ電子が他の物質へと乗り移るということです。

そのため、互いの物質の電子の数が変わるわけですから、
電子が減るとその物質は+ 正の電気を帯び、そして電子が増えた物質は- 負の電気を
帯びるわけですな。

それぞれ帯電しそして引っ付きあうわけですな。

そして静電気、摩擦電気は互いの物質により起きやすい物質と起きにくい物質が
ありまして。

その組み合わせにより静電気の力には大きさの違いが生まれてくるとです。
その静電気の大きさを数式で表現したのがクーロン力ですばい。

その数式自体はクーロンの法則と呼ばれとりますな。

そしてその電子を引き付けやすい物質を順番に並べた物を帯電列というとです。
つまり静電気はその物質により起きやすさがあるとです。


実は我が社でものづくりをやっているベルトコンベア。
これも静電気が関係しとりまして。

ベルトコンベアは物を運ぶ装置の事ですが。
ベルト事体もそのベルトの材質と搬送物の関係から静電気が起きることがよくあるとです。
他にはベルトとそのベルトを滑らすスベリ板。
この摩擦により帯電する場合があるとです。

この静電気は決して良い影響ではなく全くの悪影響を引き起こすとです。

それはベルトから物が離れないとという現象を引き起こす。
つまり搬送物がベルトに付着するとです。

そのため様々な対策が採られるとです。

静電気が起こらないようにベルトに工夫する。
例えば樹脂のベルトにカーボンを挟む。
あるいはコンベアフレームに電気を逃がすアースを取る。
等ですな。


これはコンベア以外の機械、装置でも対策が必要でして。
静電気によるノイズ。
これが厄介でして。
電子機器に悪影響を与えるとです。
そのため静電気を除去するための装置をつける場合もあるとです。



確かにこの世には物が存在する限り電気は常に発生しているわけでありまして。

人間同士でも如何ですかな。
人とは細胞でできとりまして細胞とはやはり物でして原子でできとります。

人は一人では決して生きていけない訳でございましてそのため人間と書くとですな。

その人間も引っ付きあったり離れたりしとりますな。
それにはやはり電子が活躍しとるとでしょうか。

電子を余計に発すると大きな電気を互いに発生させぴったりと密着するとでしょうか。
キャーッ!! イニシャルがエイチ~ッ!!


しかし、反発する事もありますな。

私は人間が引っ付いたり離れたりするのは電気の発生の仕方かなと思うとります。

そしてその電気の発生させている量。
大量に発生させているか。
あるいは全く発生させていないか。

それが実のところ類は友の呼ぶに繋がっているとでしょうか。

いつもは中性である私。
しかし、ある人物が目の前を通ると思わず後ろをついていってしまう。
もしかしたらその人物の電気で引き付けられとるとでしょうか。

いや。もしかしたら相手は必死に反発の電気を発生させとるかもしれんとです。
そうなると私はただ単純に。
イニシャルがエイチ~というだけではなかですか。




最後に今日は静電気の写真を掲載するとです。
その題目は「ひまわりとバッタと蜂」です。
やはり静電気の力で引き合ったとでしょうか。

イニシャルはエイチ~でないことは書くまでもなかとです。

c0056840_21113930.jpg

c0056840_2112995.jpg

c0056840_21191210.jpg

c0056840_21123535.jpg





それでは又です。










 新ブログ「もう悩みません。コンベア・産業機械」
 ホームページ「研森.COM」  
 ベルトコンベア式汚泥乾燥機



 コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
 ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」


 皆様たいへんお世話になり有難う御座います。
 私こそが静電気人間だブログあるはず。
 人気blogランキング

2006.7.28 by 博多の森と山ちゃん    
by moritoyamachan | 2006-07-28 21:14 | この世にある考え
<< 7月29日 ひたむきさと静けさ 7月26日 光のスペクトルと大... >>