5月31日 三角スクレーパと溶接の光。。。



ベルトコンベアの部品の三角スクレーパ。
コンベア本体テール側(後ろ側)に取り付ける。
ベルト内側に物が入り込みそのまま運ばれるとテールプーリー(後ろ側ローラー)と
ベルトの中に巻き込む。
それによりベルトが痛む。あるいは蛇行する要因となる。
それを防ぐためベルトコンベアには三角スクレーパを取り付ける。
ベルトとの接触面はコンベアベルトより柔らかいゴム板を当てる。



2007.5.31%281%29.jpg




新ブログはこちらをクリックされて下さい。









---------------------------


その勢いを目の辺りにする。
確かに耳には入っていたがこれほどまでとは。
その場では何とか笑顔を繕い決して気後れした様子を見せなかったはずなのだが。
今にしてみればあまり自信はない。
あくまでも虚勢の態度をとり続けたが為に不自然な動作を悟られた可能性は否定できない。
心の動揺はどうしても抑え切れなかった。
想像はしていた。噂は様々な人物から耳打ちされていた。
自分自身では既に心の準備は完璧に近い状態だと確信すらしていた。

しかし、現実にはそれはとてももろく未熟で完膚なきまでに打ちのめされた感がある。
決して相手は意識している様子はない。
だが、実際自分の目の前に現れた姿に圧倒され、後ずさりしそうになる。
長居は無用だった。いや無理だった。
颯爽とした姿を長い時間見れるはずもない。
その自信溢れた態度に早々別れを告げるべく頭を下げ、ドアの取っ手を右手で握る。
既に握る手には力が入らない。
感覚が麻痺した手はわざわざ意識しなくても動いてはくれた。
はっきりとした覚えはない。
部屋から出るとドアを閉める。
きちんと最後まで閉めただろうか。
その記憶さえ一瞬のうちになくなっている。
体はどこかしら浮つき足を動している心地がしない。
目の前にあるものがはっきりと見えずそれでも階段は何とか降りたようだ。
どの方向へ動いているのかも定かではない。
ただ足と手が動き前へ歩んでいるのは確かなようだ。
意識がうつろで脳細胞は全く活動を停止している。
頭にヘルメットは被っているのだろうか。
その確認さえできないし、しようとも思わない。

ふと声がする。
多分親しいお客さんの一人だろう。
相手の話が耳には聞こえるのだが、まるでかなり遠くから話かけられいるようだ。
自分の口は時々開いているようだが何を話しているかは分からない。
会話は終わったのだろう。
頭を下げたのは覚えている。
その後の行動は自分自身でも定かではない。
車のハンドルを握りアクセルととブレーキを交互に踏みながら走ってはいた。
ただ車が勝手に進む道なりを走らせる。
主人公はあくまでも自動車で私は従っているだけだ。

あの光景が目に入ってからというもの私は自信喪失し呆然と立ち尽くす。
体は動いているのだが、私自身はまだ相手とその部屋に一緒にいる。
脳裏に焼きつき決して消えない。
満面に勢いある堂々たる笑いを浮かべ私を見下すその表情が心の奥底まで
痛めつける。
青二才でまだまだ未熟者の子供だと訴えている目に虐げられる。
容赦ないその態度に打ちのめされ立ち上がれない。
最早体は自由が利かず顔を上へあげることすらできない。
脳細胞は冒され前に進もうとする意識を完全に停止させている。


いつしか私は我が町工場の中に立っていた。
旋盤を回す音。グラインダーの騒音。クレーンのきしむ音。
作りかけの部品。今だ悠然と座っているベルトコンベア。
いつも目にする光景。常日頃親しんでいる音。
職人の働く姿。
職人同士の会話の声。
見慣れた皆の姿。聞き慣れた声。
今現在私が自分の足で立っているのは我が町工場だ。
次第に意識は戻り目には映りそして耳には音が入る。
職人の帽子は青く作業着も青い。
手には白い軍手。
グラインダーでバイトを削る音。
ベテラン職人が若い職人へ指示する声。
脇目も振らずガス切断する職人の姿。
はっきりと見え、明確に聞こえる。

いつしかまばゆい溶接の光を見つめる。
その光に私の意識は大きな刺激を受ける。
私は我が町工場にいることが鮮明に分かる。
私は職人と同じこの工場に今いることを自覚する。

職人の脇から漏れる溶接の燦然と輝く光は、私に決して一人で抱え込むなよと
話し掛けているようだった。




2007.5.31%282%29.jpg




2007.5.31%283%29.jpg




2007.5.31%284%29.jpg




2007.5.31%285%29.jpg




2007.5.31%286%29.jpg




それでは又です。




---------------------------



読破中。
「素粒子と物理法則」R.P.ファインマン、S.ワインバーグ著 小林鉄郎訳

読破。
「家族狩り 第四部」天童荒太著
現在の家族のあり方を問い掛けている。


 新ブログ「もう悩みません。コンベア・産業機械」


 ホームページ「研森.COM」  
 ベルトコンベア式汚泥乾燥機
 

 コンベア、産業機械機器について詳しく書いている
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」発行しています。
 ご興味のある方はご登録の上ご覧下さい。
 メルマガ「もう悩みません。コンベア・産業機械」



 皆様いつもお世話になり有難うございます。
 私はとても元気です。もちろん職人も。ブログあるはず。
 人気blogランキング


2007.5.31by 博多の森と山ちゃん




[PR]
by moritoyamachan | 2007-05-31 21:33 | ベルトコンベア
<< 6月1日 大丈夫です。。。 5月30日 何気なく聞いた言葉。。。 >>